ビグノニア(英語表記)Bignonia

翻訳|bignonia

世界大百科事典 第2版の解説

ビグノニア【Bignonia】

ノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属Bignoniaの常緑のつる性低木。おもに中南米に産するほか,東南アジア,アフリカ,北アメリカなどに80種あまりを産する。葉は対生の3出複葉,最先端の小葉は枝分れした巻きひげ状となる。花は腋生(えきせい)する集散花序につく。花冠は漏斗状。この属はかつては,雑多なノウゼンカズラ科の植物を含む400種あまりの大きな群であったが,その後,分類が整理され,クリトストマClytostoma,ドキサンサDoxantha,ピロステギアPyrostegiaなど約50属に細分されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android