コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャレッティ ビジャレッティ Bigiaretti, Libero

2件 の用語解説(ビジャレッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジャレッティ
ビジャレッティ
Bigiaretti, Libero

[生]1906.5.16. マテリカ
[没]1993.5.3. ローマ
イタリアの詩人,小説家。初め詩人として名をあげ,第2次世界大戦後はおもに純粋な抒情精神と端正な散文技法とで諧謔を交えた短編小説を発表した。主著『なつかしい影』 Care ombre (1940) ,『泥棒学校』 La scuola dei ladri (1952) ,『会議』 Il congresso (1963) ,『突き立てた指』 Il dito puntato (1967) ,『女から月へ』 Dalla donna alla luna (1972) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジャレッティ
びじゃれってぃ
Libero Bigiaretti
(1906―1993)

イタリアの小説家、詩人。繊細で憂愁のにじむ『時間と季節』(1936)、『親しい影』(1940)などの詩集でデビュー。その後小説に転じて、内面の苦悩を詩的な感性で綴(つづ)った『エステリーナ』(1942)、新資本主義社会における知識人の役割を描いた『会議』(1963)を発表、『代役』(1968)でビアレッジョ賞を受賞。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジャレッティの関連キーワードテリトリーマテハンマテリアリズムマテリアルマテリアルハンドリングマテリアルフローマテバラマテリアルバランスまて まて まて光洋マテリカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone