コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャレッティ Bigiaretti, Libero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジャレッティ
Bigiaretti, Libero

[生]1906.5.16. マテリカ
[没]1993.5.3. ローマ
イタリアの詩人,小説家。初め詩人として名をあげ,第2次世界大戦後はおもに純粋な抒情精神と端正な散文技法とで諧謔を交えた短編小説を発表した。主著『なつかしい影』 Care ombre (1940) ,『泥棒学校』 La scuola dei ladri (1952) ,『会議』 Il congresso (1963) ,『突き立てた指』 Il dito puntato (1967) ,『女から月へ』 Dalla donna alla luna (1972) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジャレッティ
びじゃれってぃ
Libero Bigiaretti
(1906―1993)

イタリアの小説家、詩人。繊細で憂愁のにじむ『時間と季節』(1936)、『親しい影』(1940)などの詩集でデビュー。その後小説に転じて、内面の苦悩を詩的な感性で綴(つづ)った『エステリーナ』(1942)、新資本主義社会における知識人の役割を描いた『会議』(1963)を発表、『代役』(1968)でビアレッジョ賞を受賞。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビジャレッティの関連キーワード児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android