コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビストリツァ ビストリツァ Bistriţa

2件 の用語解説(ビストリツァの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビストリツァ(Bistriţa)

ルーマニア北部の都市。ビストリツァ川沿いに位置する。13世紀初頭、トランシルバニア地方のドイツ人が入植し、中世を通じて交易の拠点として栄えた。第一次大戦後にルーマニア王国に帰属。旧市街には、中世に築かれた要塞の塔や城壁、ロマネスク様式とゴシック様式が混在する福音教会が残っている。ルーマニア国歌の作詞者として知られる詩人アンドレイ=ムレシャヌの生地としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビストリツァ【Bistrița】

ルーマニアの中央部に広がるトランシルバニア台地の北部にある都市。ビストリツァ・ナサウド県の県都。人口8万8000(1994)。ハンガリー語ではベステルツェBeszterce青銅器や鉄器などの遺物が発見されるが,記録に現れるのは1264年からで,当時はモルドバ(モルダビア)地方との交易都市であった。1596年,中等教育機関が設けられ,この地方の教育の中心地になった。木材加工,繊維,食品などの工業のほか,林業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビストリツァの関連キーワードシナイアトランシルバニアトランシルバニアアルプスブラショブドゥルジュバーンフィ宮殿バルトーク:ルーマニア民俗舞曲/piano soloブラジュ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone