コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビス 〈フランス〉vis

デジタル大辞泉の解説

ビス(〈フランス〉vis)

ねじ。先のとがっていない雄ねじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ビス【vis】

小ねじ。特に、金属接合などにナットと組み合わせて用いる小形のねじ。

ビス【BIS】

第一次大戦後のドイツの賠償金支払いに関する事務を処理するため、1930年スイスのバーゼルに設立された国際銀行。現在では金融政策等についての各国の中央銀行間の協力を推進する場として重要。国際決済銀行。

ビス【BIS】

〖Bank for International Settlements〗
ビス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビス
びす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビスの言及

【BIS】より

…国際決済銀行Bank for International Settlementsの略称。〈ビス〉ともいう。1930年1月,第1次大戦の戦敗国ドイツから賠償金を取り立て関係国に分配する機関としてスイスのバーゼルに設立され,同年5月から業務を開始した。…

※「ビス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビスの関連キーワードBank for International Settlementsフルクトースグリセルアルデヒドジエチルスチルベストロールポリュメデス[アルゴス]ゲルニカ(スペイン)サンビセンテ岬の海戦サイディングボードベルテポルフィンポリカーボネート樹脂ウッドデッキ次硝酸ビスマスライン[諸島]クラウディウスビスフェノールペロポネソス派バル・サウマーリスクウエートオクタウィウスカヌレイウス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビスの関連情報