コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニエ Vinje, Aasmund Olafsson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニエ
Vinje, Aasmund Olafsson

[生]1818.4.6. ビニエ
[没]1870.7.30. グラン
ノルウェーの作家。デンマークの貧農の子に生れ,種々の職業を遍歴したのち大学に入り,イプセン,ビョルンソンと知合い文学を志した。複雑な性格で夢想家と現実家,冷静と熱情,急進的なものと保守的なものが同居し,豊かな才能をもちながら世に認められるのが遅れた。デンマーク系の国語を嫌い,古いノルウェー方言を生かしたランスモール (→ニューノルスク ) で書いた。代表作『1860年の夏の旅の思い出』 Ferdaminni fråsumaren1860 (1860) ,詩集『大きな子』 Storegut (66) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニエ
びにえ
Aasmund Olafsson Vinje
(1818―1870)

1850~60年代に活躍したノルウェーの詩人、ジャーナリスト。テレマーク地方の貧農出身。ロマン主義から自然主義への転換期の叙情詩人で、農民文化の高揚に努力し、国語改革運動にも健筆を振るった。紀行詩集に『1860年、夏の旅の思い出』(1861)があり、農民の生活を理想主義的な筆致で描写。詩「ロンダネにて」はグリークが曲をつけ、広く愛唱されている。ほかに『大きな少年』(1866)、『詩集』(1864)がある。[山口卓文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビニエの関連キーワードアサヒクラフトマンシップコンビニエンス・ストアローソンストア100コミュニティ・ストアコンビニATMの日ナチュラルローソンポスタルローソンジャストスポットアンスリーSΛMオレンジハートセイコーマートみんなのイチバくいしんぼ如月ハイウェイ彩家ファミコン敬語ビョルンソンKデイリーインアイショップからあげクン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android