コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビブリオ Vibrio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビブリオ
Vibrio

ビブリオ科の1属。グラム陰性桿菌。細胞はあまり長くはないが,バナナ状に曲っていて,単立するか,数個が連結して螺旋状になっている。菌体の一端の短い1本,または束生する数本の鞭毛で遊泳する。土壌中,淡水中,海水中に広く分布する。病原性を示すビブリオとしてはコレラ菌と,日本での食中毒原因の大部分を占める腸炎ビブリオがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ビブリオ【Vibrio】

グラム陰性桿菌かんきんの一群。一端に一本の鞭毛べんもうがある。水中に多く存在。コレラ菌・腸炎ビブリオなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビブリオ
びぶりお
[学]Vibrio

通性(条件的)嫌気性グラム陰性桿菌(かんきん)群の細菌。腸内細菌に類似する。細胞は多くの場合、湾曲するが、しばしば桿状となる。0.5~0.8×1.4~26マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)。また、多くの種は培養状態によって多形態性を示す。細胞の一端に1本または2本以上の鞭毛(べんもう)(極毛という)をもち、運動性がある。この場合も、培養状態によって周毛となる場合もあれば、鞭毛を形成しないこともある。グラム陰性で、通性嫌気性、一般に糖を分解して酸を生産する。しかし、炭酸ガス(二酸化炭素)の生産はない。基準種はコレラ菌V. choleraeである(V. commaの学名を使用したこともある)。また、海水産の細菌である腸炎ビブリオV. parahaemolyticusは、日本で頻度の一番高い食中毒(腸炎ビブリオ症)をおこす。このほか、この属には抗塩性ビブリオとよばれる数種も含まれる。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビブリオの関連キーワードビブリオ・フルビアリス食中毒ビブリオカンピロバクター腸炎ビブリオメトリックス食中毒を予防するにはホワイトシンドロームウェルシュ菌食中毒腸炎ビブリオ食中毒ナグビブリオ食中毒人食いバクテリアビブリオバトルカモシダせぶん藤野 恒三郎アポロドロス病原性好塩菌感染性腸炎ドゥーデン藤野恒三郎計量書誌学経口感染

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビブリオの関連情報