ビューフォート風力階級(読み)ビューフォートフウリョクカイキュウ

  • Beaufort wind scale
  • ビューフォートふうりょくかいきゅう ‥フウリョクカイキフ
  • ビューフォートふうりょくかいきゅう〔フウリヨクカイキフ〕

大辞林 第三版の解説

風の速度を目視で観測する尺度。ビューフォートが提唱した風力階級を改良したもの。海面の波の状態、陸上の樹木の揺れなどによって風力を 0 から 12 の一三階級に分け、それぞれに相当する風速を決めてある。 → 風力階級

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ビューフォートは考案者であるイギリスの F. Beaufort の名から) 現在、国際的に認められている風力階級。一三階級に区分され各階級の地表の状態が概説されている。気象庁風力階級表はこれをもとにしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のビューフォート風力階級の言及

【風】より

…風速はm/sといった単位で表されるが,さらに風の強さによって表1,表1(つづき)に示すような風力階級に分けることもある。これはイギリス海軍の提督ボーフォートFrancis Beaufort(1774‐1857)が考案したビューフォート風力階級を基にして1964年に世界気象機関(WMO)が採用したもので,日本では気象庁風力階級として利用されている。
【風圧と風圧計】
 風で建物が壊れたり看板が飛んだりするのは風圧によるもので,風圧力とは風が建築物などの単位面積に与える力をさす。…

※「ビューフォート風力階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報