コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビューフォート風力階級 ビューフォートフウリョクカイキュウ

4件 の用語解説(ビューフォート風力階級の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビューフォート‐ふうりょくかいきゅう〔‐フウリヨクカイキフ〕【ビューフォート風力階級】

英国の海軍少将ビューフォート(Francis Beaufort)が考案した風速の尺度。1806年の航海日誌から使用し、帆船に対する風力の状態を目視により表した。現在は地表の地物の状態や海面の波浪などによって風力を0~12の13階級に区分し、風速を定めている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビューフォート風力階級【ビューフォートふうりょくかいきゅう】

ビューフォートが1805年に提唱した風力階級。国際的にも認められ,日本では気象庁風力階級として用いている。0〜12まで13階級がある。→風力
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

ビューフォート風力階級【Beaufort wind scale】

現在わが国で用いられている気象庁制定の風力階級のもととなったシステム.風速を0~1mile/hr(0~1.6km/hr)を風力ゼロとし,順次増加して,75mile/hr(121km/hr)を風力12とするスケール.さらに竜巻(トルネード)の藤田スケール*もこれに連携している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ビューフォートふうりょくかいきゅう【ビューフォート風力階級】

風の速度を目視で観測する尺度。ビューフォートが提唱した風力階級を改良したもの。海面の波の状態、陸上の樹木の揺れなどによって風力を 0 から 12 の一三階級に分け、それぞれに相当する風速を決めてある。 → 風力階級

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビューフォート風力階級の言及

【風】より

…風速はm/sといった単位で表されるが,さらに風の強さによって表1,表1(つづき)に示すような風力階級に分けることもある。これはイギリス海軍の提督ボーフォートFrancis Beaufort(1774‐1857)が考案したビューフォート風力階級を基にして1964年に世界気象機関(WMO)が採用したもので,日本では気象庁風力階級として利用されている。
【風圧と風圧計】
 風で建物が壊れたり看板が飛んだりするのは風圧によるもので,風圧力とは風が建築物などの単位面積に与える力をさす。…

※「ビューフォート風力階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビューフォート風力階級の関連キーワード気象高層気象台ラジオゾンデウスターソース海洋気象台地方気象台中央気象台気象白書富士山測候所矢田明

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone