コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビューフォート風力階級 ビューフォートフウリョクカイキュウ

デジタル大辞泉の解説

ビューフォート‐ふうりょくかいきゅう〔‐フウリヨクカイキフ〕【ビューフォート風力階級】

英国の海軍少将ビューフォート(Francis Beaufort)が考案した風速の尺度。1806年の航海日誌から使用し、帆船に対する風力の状態を目視により表した。現在は地表の地物の状態や海面の波浪などによって力を0~12の13階級に区分し、風速を定めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビューフォート風力階級【ビューフォートふうりょくかいきゅう】

ビューフォートが1805年に提唱した風力階級。国際的にも認められ,日本では気象庁風力階級として用いている。0〜12まで13階級がある。→風力
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

法則の辞典の解説

ビューフォート風力階級【Beaufort wind scale】

現在わが国で用いられている気象庁制定の風力階級のもととなったシステム.風速を0~1mile/hr(0~1.6km/hr)を風力ゼロとし,順次増加して,75mile/hr(121km/hr)を風力12とするスケール.さらに竜巻(トルネード)の藤田スケール*もこれに連携している.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ビューフォートふうりょくかいきゅう【ビューフォート風力階級】

風の速度を目視で観測する尺度。ビューフォートが提唱した風力階級を改良したもの。海面の波の状態、陸上の樹木の揺れなどによって風力を 0 から 12 の一三階級に分け、それぞれに相当する風速を決めてある。 → 風力階級

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のビューフォート風力階級の言及

【風】より

…風速はm/sといった単位で表されるが,さらに風の強さによって表1,表1(つづき)に示すような風力階級に分けることもある。これはイギリス海軍の提督ボーフォートFrancis Beaufort(1774‐1857)が考案したビューフォート風力階級を基にして1964年に世界気象機関(WMO)が採用したもので,日本では気象庁風力階級として利用されている。
【風圧と風圧計】
 風で建物が壊れたり看板が飛んだりするのは風圧によるもので,風圧力とは風が建築物などの単位面積に与える力をさす。…

※「ビューフォート風力階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビューフォート風力階級の関連キーワード藤田スケール(トルネード)藤田スケール風の強さ至軽風疾風和風強風軟風暴風軽風雄風

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android