コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリンビン ビリンビンAverrhoa bilimbi; bilimbi

2件 の用語解説(ビリンビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリンビン
ビリンビン
Averrhoa bilimbi; bilimbi

カタバミ科の常緑小高木。マレーシアの原産といわれるが自生は明瞭でなく,熱帯アジアで栽培のものだけが知られている。高さ3~18mになり,葉は長さ5~8cmの羽状複葉で6~14対の小葉から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビリンビン
びりんびん
bilimbing
[学]Averrhoa bilimbi L.

カタバミ科の常緑低木性の果樹。長葉五斂子(ながばごれんし)、キュウカンバー・トリーcucumber treeともよぶ。モルッカ諸島原産といわれ、インド、マレー、ジャワに多く、ジャマイカを経て中央アメリカ諸国でも栽培される。葉は羽状複葉で互生し、小葉は10対前後からなり長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形。花は淡紅紫色で腋生(えきせい)の集散花序につく。花径は1.5センチメートル、雄しべは10本、雌しべは5本に分岐し、子房は5室からなる。熟果は緑黄色で長さ7センチ、房状につき、円柱形で、不明瞭(ふめいりょう)な5稜(りょう)がある。果肉は酸味が強く、ジュース、ジャム、ピクルスとする。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビリンビンの言及

【ゴレンシ】より

…また果実は中国で解熱,解毒などに利用される。 この属にはもう1種ビリンビンA.bilimbi L.がある。果実は小さく長さ5~8cmで稜は著しくない。…

※「ビリンビン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone