コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルマ人 ビルマじんBurmese

翻訳|Burmese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ人
ビルマじん
Burmese

ミャンマー (旧ビルマ) の基幹住民。主としてエイヤーワディ川中・下流域に居住。言語はチベット=ビルマ語族に属し,人口約 3000万と推定される。9~11世紀頃,北方から南下してエイヤーワディ中流域に勢力を築き,以後,パガン朝タウングー朝,コンバウン朝を建設して,ビルマの全域を支配した。 19世紀後半,イギリスの支配下に入ったが,1937年に分離,48年には独立し,ビルマ連邦共和国が発足した。 89年には国名をミャンマーと改めた。おもな生業は農業で,水稲栽培が中心をなす。社会制度や文化の面では,早くからインド文化の影響を,ことに南ビルマに先住のモン族を通して強く受け,特に部派仏教が生活のなかに深く浸透している。各村には僧院や仏塔があり,男子は一生に一度僧侶の生活をおくる。また固有の信仰はナットという精霊を信仰するもので,この信仰と部派仏教とが結びついて,ビルマ人の宗教が形成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビルマ人の関連キーワードマウン・インマウンマンナン・ヤーザウィンスータウンピーパゴダコックスバーザールエイヤーワディ管区タニンダーイー管区ピンウールウィンビルマ型社会主義チンドウィン川モーラミャインシャン(民族)ニコバル諸島民ミッチーナーニコバル諸島チン(民族)ビルマ系諸族メルギー諸島ミャウンミャラーショウバガン遺跡

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android