コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビレット billet

翻訳|billet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビレット
billet

圧延,鍛造,押出し,引抜きなどの加工用に適当な寸法につくられた金属塊。鉄鋼半製品の一種で,小鋼片ともいう。一辺 50~130mm,長さ 1m程度までの角形鋼片。断面は正方形,またはやや長方形で,角形鋼塊あるいはブルーム (大鋼片) を分塊,または鋼片圧延機にかけてつくる。小型条鋼類,線材帯鋼などの素材として使われ,シートバーとともに,半製品のなかでは多く売られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビレット

鋼片

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ビレット【billet】

製鋼の圧延工程の中間製品の一。小型の鋼片。主に角形の断面をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のビレットの言及

【圧延】より

… 鋼の圧延素材としては,多くの場合鋳造によって得られるインゴットなどが用いられる。インゴットの場合には,均熱炉で約1200℃に熱して内部の温度分布を適切な状態にし,次に分塊圧延機にかけて,鋼塊の粗大な鋳造組織をこわしたり,気泡などを除いて,スラブ,ブルーム,ビレットなどの中間段階にまで加工する(分塊圧延)。インゴットを鋳造する際に直接この中間段階のスラブなどに加工する方法があり,これを連続鋳造という。…

【製鉄・製鋼】より

…鋼塊鋳型には,正方形(条鋼用),矩形(条鋼,鋼板用),扁平形(鋼板用),丸形(鍛鋼用),多角形(鍛鋼用)など各種がある。鋼塊は分塊圧延によって角形断面をもつスラブslab(厚さ50mm,幅300mm以上),ブルームbloom(1辺130mm以上),ビレットbilletなどの中間製品にしたのち,各種の用途に振り向けられる。鋼塊の鋳込法には鋳型の上方から注入する上注法と,湯道を通って鋳型の下方から注入する下注法がある。…

※「ビレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビレットの関連キーワードパリ都市計画グランドプロジェクトブロンテ(姉妹)シームレス鋼管アイゼンマンコールハースミッテラン穿孔圧延機ブロンテルドゥー連続鋳造分塊圧延竹山聖ビラニチュミ磯崎新製鋼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビレットの関連情報