コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワハゴロモ(琵琶羽衣) ビワハゴロモ

1件 の用語解説(ビワハゴロモ(琵琶羽衣)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビワハゴロモ【ビワハゴロモ(琵琶羽衣)】

半翅目ビワハゴロモ科Fulgoridaeの昆虫の総称。おもに熱帯地方や亜熱帯地方に分布し世界から500種以上が知られている。大型の種が多く南アメリカ産のLaternariaのように翅の開張が15cmに達するものがある。翅に美しい色彩や紋様を有する種が多い。頭部が前方に大きく突出し奇妙な形状を有するものがあり,英名でlantern flyと称せられる。この突出部は発光すると考えられたことがあるが実際はそのようなことはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone