コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーゴ Vigo

デジタル大辞泉の解説

ビーゴ(Vigo)

スペイン北西部、ガリシア州の港湾都市リアス式海岸の語源となった「リア」とよばれる細長い入り江ビーゴ湾の奥に位置する。同国有数の漁港を有し、工業も盛ん。スペイン王フェリペ4世が築いたカストロ城がある。国立公園に指定されたシエス諸島への玄関口にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ビーゴ

ダイハツ工業が 2006年から製造、販売している乗用車。5ドアの小型SUV。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーゴ
びーご
Vigo

スペイン北西部、ガリシア地方ポンテベドラ県の港湾都市。人口28万0186(2001)。リアス式海岸の語源となったリアRiaとよばれる深い湾の南岸に位置する。古代から良港として知られ、19世紀後半に缶詰工業がおこり、港湾施設が整えられた。現在は自動車、造船などの工業も立地する。外航船の寄港する商港として重要であり、またスペイン有数の漁港でもある。遠洋のタラ、マグロのほか、イワシを中心とした沿岸漁業がとくに盛んで、缶詰製造はスペイン全体の生産高の約半分を占める。1585、89年、私掠(しりゃく)船長ドレークに攻撃された。1702年にはイギリス・オランダ連合艦隊にスペイン艦隊がこの地で敗れた。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビーゴの関連キーワードエジソン(イタリアの電力会社)ゴジラVSスペースゴジラカルタヘナ(スペイン)ゴジラVSメカゴジラガリシア(スペイン)ラス・パルマスリッチャレッリリトルゴジラダイハツ工業シミオナートベネト州ラッシュバイオナロビーゴゲーテベネト

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android