コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーゴ ビーゴ Vigo

3件 の用語解説(ビーゴの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビーゴ(Vigo)

スペイン北西部、ガリシア州の港湾都市リアス式海岸の語源となった「リア」とよばれる細長い入り江ビーゴ湾の奥に位置する。同国有数の漁港を有し、工業も盛ん。スペインフェリペ4世が築いたカストロ城がある。国立公園に指定されたシエス諸島への玄関口にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーゴ
びーご
Vigo

スペイン北西部、ガリシア地方ポンテベドラ県の港湾都市。人口28万0186(2001)。リアス式海岸の語源となったリアRiaとよばれる深い湾の南岸に位置する。古代から良港として知られ、19世紀後半に缶詰工業がおこり、港湾施設が整えられた。現在は自動車、造船などの工業も立地する。外航船の寄港する商港として重要であり、またスペイン有数の漁港でもある。遠洋のタラ、マグロのほか、イワシを中心とした沿岸漁業がとくに盛んで、缶詰製造はスペイン全体の生産高の約半分を占める。1585、89年、私掠(しりゃく)船長ドレークに攻撃された。1702年にはイギリス・オランダ連合艦隊にスペイン艦隊がこの地で敗れた。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビーゴの関連キーワードポートオブスペインサンアントン城サンタンデールシエス諸島バイオナフィニステレマグダレナ宮殿ラコルーニャバンダレアンザリーダフラ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーゴの関連情報