コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピエルフォン城 ピエルフォンじょうChâteau de Pierrefonds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピエルフォン城
ピエルフォンじょう
Château de Pierrefonds

フランス北部,コンピエーニュの森に面する切立った台地に,オルレアン公ルイが,1407年パリで暗殺される直前に,王室建築家ジャン・ル・ノアールに命じて再建させた城。防御的性格をもちながらゴシックの洗練された美をそなえた当時の城郭建築の代表例である。 17世紀以降廃虚と化していたのを 1857年ナポレオン3世がビオレ=ル=デュクに命じて修復。外観を忠実に復元しながら,城内をナポレオン3世のために設計し,70年に完成。五角形の城壁に礼拝堂の塔を含む8基の塔が脇を固め,城内には中庭に面して天守,礼拝堂,大広間などの豪華な建物が建てられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ピエルフォン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ピエルフォン城】

Château de Pierrefonds》フランス北部、オワーズ県の都市コンピエーニュ近郊の村、ピエルフォンにあるネオゴシック風の城。廃墟となっていた城をナポレオン1世が買い取り、後にナポレオン3世が建築家ビオレ=ル=デュックに再建を依頼し、1857年から1884年にかけて建造された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピエルフォン城
ぴえるふぉんじょう
Le chteau de Pierrefonds

フランスの城。オアーズ県、コンピエーニュの森の南東端にある小村ピエルフォン所在。この地にはすでに12世紀ごろに城塞(じょうさい)があったといわれるが、城の歴史が明確になるのは、シャルル6世(在位1380~1422)が弟のルイ・ドルレアンにこの地方と城を与えてからである。その後、城主はアンリ4世の寵姫(ちょうき)ガブリエル・ディトレの父親アントアーヌ・ディトレとなったが、その息子フランソアは王に背いて滅亡した。城は廃墟(はいきょ)となって放置されていたが、1813年にナポレオン1世が300フランで買い取り、57年にはナポレオン3世が当時の高名な建築家ビオレ・ル・デュックに再建を依頼、84年に完成した。城はほぼ方形で、八基の塔をもつ城壁と天守塔は往時の正確な修復だが、城内の建物、天守内部などはネオ・ゴシック様式の創作である。かつての城に用いられていた彫像類が展示され、多くの観光客を集めている。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピエルフォン城の関連キーワード門(出入口)デュク

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android