ピサのドゥオモ広場(読み)ピサのドゥオモひろば

世界遺産詳解の解説

ピサのドゥオモひろば【ピサのドゥオモ広場】

1987年に登録、2007年に登録内容が変更されたイタリアの世界遺産(文化遺産)で、フィレンツェの西96kmにあるトスカーナ州アルノ川の河畔に位置する。1063年着工の大聖堂(ドゥオモ)はロマネスク様式で、大理石を積んで建てられた。西側にある円形の洗礼堂は、12~14世紀に建造され、建築途中でロマネスクからゴシック様式に変わっている。ドゥオモ広場の北端には、墓所(カンポサント)が建つ。「ピサの斜塔」として有名な鐘楼(トッレ・ペンデンテ)は円筒形の8層構造で、ドゥオモの付属施設として建造された。高さは約55m、直径は約17mで、1173年に建築家ギヨームとボナンノ・ピサーノの設計によって建築が始まったとされるが、建設中に傾斜し始めたので、保全のための修復が行われ、今は安定した状態を保っている。ガリレオ・ガリレイ(1564~1642年)は、この斜塔で「重力の法則」の実験を行ったといわれる。人類の歴史上、重要な時代を例証するとして、世界遺産に登録された。◇英名はPiazza del Duomo, Pisa。ピサのドゥオモ広場は、ピアッツァ・デイ・ミラーコリ(Piazza dei Miracoli)、あるいはカンポ・デイ・ミラーコリ(Campo dei Miracoli)とも呼ばれ、「奇跡の広場」という意味。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピサのドゥオモ広場【ピサのドゥオモひろば】

イタリア北部トスカーナ州西部の,地中海に注ぐアルノ川の河口近くに位置する,11〜13世紀に繁栄した都市国家ピサの市街地にある広場。広々とした緑の草地の上に壮大なドゥオモ(大聖堂)と巨大な円形の洗礼堂が並立し,ドゥオモの斜め後ろに高さ55mの有名な斜塔(鐘楼)がその特異な姿を見せ,かつてのピサの栄華の時代をしのばせている。1987年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる