コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピスコ Pisco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピスコ
Pisco

ペルー中南部,イカ県北西部の都市。首都リマの南南東約 200km,太平洋にのぞむ港湾都市で,ピスコ川河口に位置する。 1640年建設。ワタ,ブドウの栽培を中心とした背後の灌漑農業地帯の積出港で,綿花,果実,ぶどう酒などを積出す。このうち特に南東のイカ川河谷で栽培されるマスカットブドウから造られるブランデーが有名で,積出港である市の名にちなんで「ピスコ」と名づけられている。市内には綿実油綿織物などの工業があり,沿岸では漁業が盛ん。市南方のパラカス半島の砂漠の中には先インカ期の墳墓の遺跡がある。パンアメリカン・ハイウェーが通るほか,南東約 70kmの県都イカから鉄道が通じる。人口7万 7200 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピスコ(pisco)

ブドウを原料としてつくる、ペルー産の蒸留酒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ピスコ【Pisco】

ペルー南西部,イカ県の北西部にある港湾都市。人口2万8519(1975)。太平洋に注ぐピスコ川の河口近くに位置する。チンチャ,ピスコ,イカなどの谷の肥沃な灌漑地を後背地にもち,栽培される綿花,ブドウの集散地で重要な積出港である。市は海側のピスコ・プエルトと内陸のピスコ・プエブロに二分され,後者には,中庭をもつスペイン植民地時代の建築物が多く残る。2km北にあるピスコ港は,かつて南のパラカスにあった港を移転したものであるが,第2次世界大戦後,魚粉加工業が発展し,その原料となるイワシの水揚港ともなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピスコの関連キーワード改革エピスコパル教会日本メソジスト教会フィリピン独立教会イギリス自由教会バジェスタ[島]テモテへの手紙ドデカネス諸島ドルト教会会議アトンメント会ランベス四綱領ショトーカ運動ピスコエルキランベス会議フレッチャーオーガスタラ・セレナトルバートティロス島ラ・セレナキプロス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピスコの関連情報