コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッコロ・テアトロ Piccolo Teatro di Milano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッコロ・テアトロ
Piccolo Teatro di Milano

1947年ミラノに創立された同名の劇団をもつレパートリー劇場。 P.グラッシと G.ストレーレルの指導と演出のもとに活動を続け,フランスの国立民衆劇場と同じく,幅広い観客層の獲得を目指した。特にブレヒトの作品を多く上演し,1950~60年代のイタリア演劇に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のピッコロ・テアトロの言及

【グラッシ】より

…18歳で演劇活動に入り,演出,劇評,ジャーナリズムで活躍。1947年G.ストレーレルとともにピッコロ・テアトロ(ミラノ・ピッコロ座)を創立,以後同座を25年指導し世界的水準の劇団とする。1972‐77年スカラ座の総監督となり,同座の民主的改革に努力。…

【ストレーレル】より

…45年のイタリア解放とともにミラノに戻り演劇活動を始める。47年にはP.グラッシとともにミラノ市当局に働きかけて〈ピッコロ・テアトロ〉(ミラノ・ピッコロ座)を設立。以後ヨーロッパ各国の古典,新作をきわめて高い水準で演出して,グラッシとともにピッコロ座を世界最高峰の劇団の一つに育て上げた。…

【ミラノ・ピッコロ座】より

…単に〈ピッコロ座〉,あるいは〈ピッコロ・テアトロ〉とも。1947年G.ストレーレルP.グラッシによって創設されたミラノ市立劇団。…

※「ピッコロ・テアトロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピッコロ・テアトロの関連キーワードガブリエーレ サルヴァトーレスエディンバラ音楽演劇祭ヴァレリア ドビチミラノ・ピッコロ座G. ストレーレルP. グラッシO. コスタダミアーニコスタミルバ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android