コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファミリーレストラン ファミリーレストラン

7件 の用語解説(ファミリーレストランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファミリーレストラン
ファミリーレストラン

家族連れの客を対象に店舗構成をしている外食産業メニューを幅広くそろえ,割安な料金に設定されている。主要道路に面した比較的立地条件のよい場所で,広い駐車場をもつ店舗が多い。昭和 40年代に登場し,その後人口集積地域にチェーン展開して急成長をとげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファミリー‐レストラン

《〈和〉family+restaurant》家族連れで気楽に利用できるようなレストラン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファミリーレストラン

外食産業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タレントデータバンクの解説

ファミリーレストラン


グループ
ファミリーレストラン

グループメンバー
ハラダ/しもばやし

職種
お笑い

プロフィール
ハラダとしもばやしにより、1998年に結成されたお笑いコンビ。主にコントを披露するが、時折漫才を披露することもある。ハラダ・しもばやし共に、一発ギャグを得意とする。主な出演作は、KBS京都『ぽじポジたまご』、びわ湖放送『びわ湖カンパニー』、FM滋賀『radio max』、KBS京都ラジオ『ファミリーレストランの めちゃうま!』など多数出演。

代表作品
情報番組『ぽじポジたまご』 / 情報番組『びわ湖カンパニー』 / FM滋賀『radio max』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ファミリーレストラン

須磨子による漫画作品。ファミリーレストランを舞台に店員や客が繰り広げる人間模様を描いている。『マンガ・エロティクス・エフ』第23号~32号(2003年8月~2005年3月)に連載。太田出版Fxコミックス全1巻。2006年、金子大志監督による映画が公開された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ファミリーレストラン

family+restaurant〕
家族連れで気楽に利用できるレストラン。ファミ-レス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファミリーレストラン
ふぁみりーれすとらん

食品サービス業界の一業態。ファーストフードと並んで1970年代にアメリカから導入され、外資主導に日本の食品メーカー、商社、小売商などの資本が追随する形で、日本のモータリゼーションの進展とともに、飲食業に経営革新をもたらした。当初、自動車交通に便利な都市郊外に立地が進み、家族だんらんで食事が楽しめる場をチェーン店舗網の展開を通じて提供したことから「郊外型ファミリーレストラン」とよばれた。
 通産省(現、経済産業省)の飲食店業態別調査に基づく区分によると、ファミリーレストランタイプとは、客単価500円以上1500円未満、料理提供時間は3分以上、基本的にはセルフ・サービスの導入はなく、来店収容人員80人以上のものとされる。同調査では、客単価700円未満で料理提供時間3分未満のファーストフードタイプ、客単価1500円以上2000円未満のカジュアルレストランタイプなどの区分がある。
 2009年(平成21)の「外食産業経営動向調査報告書」(社団法人日本フードサービス協会)によると、同協会加盟のファミリーレストラン1社当りの平均売上高は217億8400万円、客単価平均は1249円。2012年4月「外食産業市場動向調査」(同協会)によると、同協会加盟の大手外食産業事業者数209、店舗数3万1319、そのうちファミリーレストランは事業者数57、店舗数9431となっている。日本のおもなファミリーレストランには、業界最大手すかいらーく(おもなチェーンはガスト、バーミヤン、ジョナサンなど)、ロイヤルホールディングス(おもなチェーンはロイヤルホスト、カウボーイ家族など)、セブン&アイ・フードシステムズ(おもなチェーンはデニーズ、ファミールなど)、サイゼリア(おもなチェーンはサイゼリア)、ゼンショー(おもなチェーンはココス、ビッグボーイ、華屋(はなや)与兵衛など)などがある。
 ファミリーレストラン業界は、フランチャイズチェーン展開による大手グループの寡占体制が顕著であった。なかでも最大手のすかいらーくグループは1999年7月に子会社の中華レストランチェーンのバーミヤンを合併し、2000年7月に、同じく子会社で和食チェーン店を展開する藍屋(あいや)を吸収合併する。これによりグループ内のガスト(洋食主体)、バーミヤン、うどんと豆腐料理を中心とした店である夢庵(ゆめあん)などで、1000店規模への全国展開を進めた。徹底したセントラル・キッチン方式に基づき、中核事業を本社が一元管理することで経営効率をあげることがその戦略目標である。1997年以降、全体的には客数の伸びない企業も目だち、各社とも販売促進のため期限付きの割引クーポン券や、利用金額に応じてポイントがつき、ポイント数によりさまざまな特典が受けられるポイントカード制を実施した。また、顧客の健康志向に訴えるため、人工着色料や添加物を全廃した企業もあるほか、有機野菜や有機米を積極的に導入したり、メニュー改定のサイクルを早めるなど、顧客心理に対応する仕掛けづくりに取り組んでいる。外国への進出、商品の通販などの動きもみられる。[殿村晋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファミリーレストランの関連キーワードファミレスホストファミリー幾百星霜いばら・ら・ららばいハッピー・ファミリーふぁみり庵はいから亭ファミリー!ファミールラストファミリーOh!ファミリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファミリーレストランの関連情報