コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィドル fiddle

翻訳|fiddle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィドル
fiddle

擦弦楽器の一種。 10世紀頃から用いられた中世の弦楽器で,中央アジア起源を有するものと思われる。3ないし5本の弦を弓で弾き,主として舞踏伴奏に用いられた。アメリカのフォーク・ミュージックに用いられるバイオリンもフィドルと呼ばれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィドル【fiddle】

弓奏楽器全般を指して用いられる語であるが,時代と地域によって語意は異なり,これに対する研究者の解釈も多様である。語源は中央アジアに求められ,10世紀に西南アジアを経て南ヨーロッパに弓で弦を摩擦する奏法が伝えられるまでは,撥弦楽器にも同系の名称が用いられていた。11世紀中ごろには種々の弓奏楽器がヨーロッパで広範囲に使用され,小型のレベックrebec(ルベックともいい,一木作りで細い洋梨形)に対して大型のものをフィドルといったとする説があるほか,当時の弓奏楽器中形態の明らかなトランペット・マリーン(細長い箱形),ハーディ・ガーディリラ,レベック以外は総じてこの名称が用いられることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィドル【fiddle】

英米の民俗音楽やポピュラー、特にカントリー-アンド-ウエスタン系音楽で使われるバイオリンのこと。
ヨーロッパで中世からルネサンス初期にかけて使われた弓奏楽器の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフィドルの言及

【オランダ】より

…舞曲は,南部にはルネサンス舞曲の流れを汲むものが多いが,オランダ,特に北部のフリースラントでは,スコットランドから伝わった軽快なリールが中心をなす。楽器は,ロンメル・ポットとよばれる唸るドラム,ホンメルとよばれるチターの一種,リエールとよばれるハーディ・ガーディ,ドゥーデルザックとよばれるバッグパイプ,木靴を胴体にした小型フィドルなどがあげられる。今日オランダの街角で見かける自動オルガンは19世紀に登場したものだが,大道芸人のなごりをとどめたものといえる。…

※「フィドル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィドルの関連キーワードブルーグラス[bluegrass]ヤング(Neil Young)カントリー・アンド・ウェスタンマウンテンミュージックマーティー サイデルグレートフル・デッドウエスタンスイングロイ エーカフカマーンチェブルーグラスペルシア音楽アフリカ音楽イギリス音楽イーグルスカマンチェカントリーヒルビリー民俗音楽ラバーブ擦弦楽器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィドルの関連情報