コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン統治法 フィリピンとうちほうPhilippine Government Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン統治法
フィリピンとうちほう
Philippine Government Act

1902年7月1日アメリカ合衆国の連邦議会で制定された,フィリピンの政治組織を定めた法令。アメリカ=スペイン戦争の結果アメリカ領となったフィリピンの段階的自治への移行を規定している。その内容は大統領によるタフト委員会(→タフト)の任命の確認,委員会による改革の承認,国勢調査後一般選挙による議会の設置などである。委員会は二院制議会(→両院制)の上院を構成し,また行政部と内閣の機能をもつとされた。1907年の総選挙で即時独立を求めるナショナリスト党が 80議席中 58議席を占めた。(→フィリピン史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリピン統治法の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android