コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン音楽 フィリピンおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン音楽
フィリピンおんがく

1946年に独立したフィリピンにおける音楽は,ほかの東南アジア諸国より西洋音楽が早くから普及していた。民俗音楽もスペイン系が多い。しかし 16世紀以前の長い年月の間,インドネシア系,マレー系の音楽の影響下にあり,また数千の島には多民族が固有の音楽を伝承している。なかでも北部のルソン島の北端近くの山地に住むイゴロット族,南部のミンダナオのイスラム教徒の音楽は,インドネシアのガムランに似た合奏をもつなど多彩である。口琴 (ジューズ・ハープ) ,鼻笛,ゴング琴などの原始楽器のほかに,イスラム時代のインドネシアから渡った二弦琴クジャビ,木琴,ゴング琴などが特徴的で,スペイン時代に渡来したギター,マンドリン,バイオリンが手作りの民俗楽器となったものもある。独立後,西洋音楽が盛んになるとともに,民族音楽の保存,研究も始められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィリピン音楽の関連キーワードロンダヤ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィリピン音楽の関連情報