フィルヌーヴ(読み)Villeneuve,Karel Hubert de

朝日日本歴史人物事典の解説

フィルヌーヴ

没年:1874.9.29(1874.9.29)
生年:1800
江戸後期に来日したフランス系オランダ人の退役軍人,画家。オランダのハーグに生まれ,蘭領東インド陸軍病院に勤務していた。文政8(1825)年シーボルトの招きで来日した。絵画に優れており,シーボルトの助手として動植物の生態,風俗,人物画などを描く。彼の画法は,シーボルトの著作『日本』『日本植物誌』『日本動物誌』などに散見するが,写実的で正確な筆致の描写がうかがわれる。一時ジャワに渡りバタビアで結婚する。天保8(1837)年まで出島に滞在し,商館長次席を勤めた。のちメーステル・コルネリース(蘭領東インド)で没した。<参考文献>シーボルト記念館編『鳴滝紀要』創刊号

(石山禎一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android