コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルヒナー棚氷 フィルヒナーたなごおりFilchner Ice Shelf

3件 の用語解説(フィルヒナー棚氷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルヒナー棚氷
フィルヒナーたなごおり
Filchner Ice Shelf

南極大陸沿岸,ウェッデル海湾奥の棚氷。1911~12年ドイツの探検家ウィルヘルムフィルヒナーにより発見され,ロンネ棚氷を合わせた部分に命名された。南極大陸岸中,最も接岸困難な場所の一つであったが,1957~58年の国際地球観測年を契機にイギリスアメリカ合衆国アルゼンチンによる三つの基地が設営された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フィルヒナー‐たなごおり〔‐たなごほり〕【フィルヒナー棚氷】

Filchner Ice Shelf》南極のウェッデル海に張り出した棚氷。南緯79度、西経40度を中心とする。バークナー島を境に、東側がフィルヒナー棚氷、西側がロンネ棚氷であり、二つ併せてフィルヒナーロンネ棚氷ともいう。1912年、ウィルヘルム=フィルヒナー率いるドイツの観測隊により発見。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィルヒナー棚氷
ふぃるひなーたなごおり
Filchner Ice Shelf

南極のウェッデル海に張り出している南緯79度、西経40度を中心とする棚氷。面積約7万平方キロメートル。西はバークナー島を経てロンネ棚氷に続く。1912年1月ドイツのフィルヒナーが発見。海岸近くにアルゼンチンのヘネラル・ベルグラーノ基地がある。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone