フィルヒナー棚氷(読み)フィルヒナーたなごおり(英語表記)Filchner Ice Shelf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルヒナー棚氷
フィルヒナーたなごおり
Filchner Ice Shelf

南極大陸沿岸,ウェッデル海湾奥の棚氷。1911~12年ドイツの探検家ウィルヘルム・フィルヒナーにより発見され,ロンネ棚氷を合わせた部分に命名された。南極大陸岸中,最も接岸困難な場所の一つであったが,1957~58年の国際地球観測年を契機にイギリス,アメリカ合衆国,アルゼンチンによる三つの基地が設営された。近年,フィルヒナー棚氷中に発見されたバークナー島より東の部分のみをフィルヒナー棚氷と呼び,残りはロンネ棚氷と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フィルヒナー‐たなごおり〔‐たなごほり〕【フィルヒナー棚氷】

Filchner Ice Shelf》南極のウェッデル海に張り出した棚氷。南緯79度、西経40度を中心とする。バークナー島を境に、東側がフィルヒナー棚氷、西側がロンネ棚氷であり、二つ併せてフィルヒナーロンネ棚氷ともいう。1912年、ウィルヘルム=フィルヒナー率いるドイツの観測隊により発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィルヒナー棚氷
ふぃるひなーたなごおり
Filchner Ice Shelf

南極のウェッデル海に張り出している南緯79度、西経40度を中心とする棚氷。面積約7万平方キロメートル。西はバークナー島を経てロンネ棚氷に続く。1912年1月ドイツのフィルヒナーが発見。海岸近くにアルゼンチンのヘネラル・ベルグラーノ基地がある。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android