コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルヒナー棚氷 フィルヒナーたなごおり Filchner Ice Shelf

3件 の用語解説(フィルヒナー棚氷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルヒナー棚氷
フィルヒナーたなごおり
Filchner Ice Shelf

南極大陸沿岸,ウェッデル海湾奥の棚氷。1911~12年ドイツの探検家ウィルヘルムフィルヒナーにより発見され,ロンネ棚氷を合わせた部分に命名された。南極大陸岸中,最も接岸困難な場所の一つであったが,1957~58年の国際地球観測年を契機にイギリスアメリカ合衆国アルゼンチンによる三つの基地が設営された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フィルヒナー‐たなごおり〔‐たなごほり〕【フィルヒナー棚氷】

Filchner Ice Shelf》南極のウェッデル海に張り出した棚氷。南緯79度、西経40度を中心とする。バークナー島を境に、東側がフィルヒナー棚氷、西側がロンネ棚氷であり、二つ併せてフィルヒナーロンネ棚氷ともいう。1912年、ウィルヘルム=フィルヒナー率いるドイツの観測隊により発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィルヒナー棚氷
ふぃるひなーたなごおり
Filchner Ice Shelf

南極のウェッデル海に張り出している南緯79度、西経40度を中心とする棚氷。面積約7万平方キロメートル。西はバークナー島を経てロンネ棚氷に続く。1912年1月ドイツのフィルヒナーが発見。海岸近くにアルゼンチンのヘネラル・ベルグラーノ基地がある。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィルヒナー棚氷の関連キーワードウェッデル海エルズワース山地コーツランド南極大陸棚氷ウェッデル海豹バークナー島フィルヒナーロンネ棚氷ラーセン棚氷ウエッデル海

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone