コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンランド湾 フィンランドわんGulf of Finland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィンランド湾
フィンランドわん
Gulf of Finland

フィンランド語ではスオメンラハティ Suomen lahti,ロシア語ではフィンスキーザリブ Finskii zaliv。バルト海東部の湾で,北をフィンランド,東をロシア,南をエストニアに囲まれる。東西に細長く延びる湾で,東西 400km,南北 20~130km,面積約3万 km2水深は最も深い湾口部で 115m。塩分濃度は6‰以下と低く,冬季3~5ヵ月結氷する。ネバ川,ナルバ川などが流入。海岸線は特に北岸で複雑に入組み沿岸に島嶼群が連なる。湾岸の主要港はヘルシンキコトカブイボルグサンクトペテルブルグタリンなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィンランド湾【フィンランドわん】

バルト海北東部,フィンランドとエストニアの間の細長い湾入。東西に長さ約400km,幅136km以下。水深は平均38m,最大115m。沿岸部は冬季2〜5ヵ月凍結する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィンランドわん【フィンランド湾 Gulf of Finland】

フィンランドの南,エストニア共和国の北にある湾で,バルト海に続いている。フィンランド語でSuomenlahti,ロシア語でFinskii zaliv。長さ約400km,幅50~120km,約2900km2の海域で,ハンコ半島とオスムス島の線を湾口とみなしている。平均水深は約36m。ふつう11月中旬ころに湾奥から氷結が始まり,1~2月に湾口に達する。氷の厚さはヘルシンキの沖で20~50cm。5月には氷がなくなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィンランド湾
ふぃんらんどわん
Gulf of Finland

スカンジナビア半島とヨーロッパ大陸との間にあるバルト海の支湾。北のフィンランドと南のエストニア共和国の間を東西に延び、最奥部にロシア連邦のサンクト・ペテルブルグが位置する。沿岸には氷食を受けた無数の小島、岩礁がある。潮差はごくわずかで、塩分は低く、フィンランド湾奥部の表面で夏季に濃度約5である。冬季の低温によって容易に凍結する。通常の冬は全面結氷し、沿岸部は自動車で通行可能となる。きわめて浅く、平均水深は約36メートルにすぎない。古くからこはく、毛皮などが取引された重要な水路であり、沿岸には重要な港市が発達した。ニシンなどをとる小規模な漁業が行われている。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィンランド湾の関連キーワードサンクトサンクト・ペテルブルグサンクト・ペテルブルクサンクトペテルブルクパヒキナサーリ条約レニングラード州ペテルゴフ大宮殿クロンシュタットコフトラヤルベサイマー[湖]クロンシタットペトロドボレツチュド[湖]サイマー湖群ロモノーソフアイスヨットスターリン線カレリア地峡ストレリナコトリン島

フィンランド湾の関連情報