コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリクス1世 フェリクスいっせいFelix I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリクス1世
フェリクスいっせい
Felix I

[生]?
[没]274.12.30. ローマ
第26代教皇在位 269~274)。聖人。教皇ディオニシウス(在位 259/260~268)の後任に選ばれて登位。キリストの三位一体の重要な教義に関する書簡の著者である。アンチオキア司教(→アンチオキア)で,三位一体論に異議を唱えたサモサタパウロスと,パウロスの後継者ドムヌスとが争っていた神学上の論争を,ローマ皇帝アウレリアヌス(在位 270~275)の助けを得て解決した。アウレリア街道バシリカに埋葬されたとも,聖カリクスツスの地下墓地に埋葬されたとも伝えられる。祝日は 5月30日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェリクス1世の関連キーワードエウチキアヌス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android