フェルグソン石(読み)ふぇるぐそんせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルグソン石
ふぇるぐそんせき
fergusonite-(Y)

放射能鉱物の一つ。ベータフェルグソン石(β-fergusonite)とは同質異像関係にあり、合成実験ではその低温相に対応する。花崗(かこう)岩質ペグマタイト中に、錐(すい)面と柱面とからなる柱状結晶をなし、両者の境界線が斜めになるのが特徴の一つ。日本では福島県川俣(かわまた)町、京都府京丹後(きょうたんご)市のものが有名。放射能の根源はおもに少量成分として含まれるウランに起因するが、これは本質的な成分ではない。しかしつねに含有されている。英名はスコットランドの物理学者ファーガソンRobert Ferguson(1767―1840)にちなむ。
 なお、英名の語尾につけられた記号は、構成成分中イットリウム(Y)がもっとも多量に含有されていることを示すもので、現行の日本の習慣としては、原記載のものはそのままを和名とし、フェルグソン石についていえば、すでに知られているfergusonite-(Ce)およびfergusonite-(Nd)の和名をそれぞれセリウムフェルグソン石、ネオジムフェルグソン石とよぶようになっている。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフェルグソン石の言及

【ニオブ・タンタル鉱物】より

…ニオブとタンタルは性質が酷似していて,天然には常に両者相伴って存在する。フェルグソン石fergusonite ABO4,ユークセン石euxenite AB2O6(斜方晶系,比重約5),サマルスキー石samarskite(化学式はAB2O6とABO4の中間の組成で,どちらもA+Bの数がOの数の1/2である。結晶中で次のAとBの元素が互いに入れかわりうるため,一つの化学式で示しにくい。…

※「フェルグソン石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android