コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルモスス(英語表記)Formosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルモスス
Formosus

[生]816頃. ローマ?
[没]896.4.4. ローマ
ローマ出身とされる第111代教皇(在位 891~896)。登位前はポルトの司教枢機卿(→カーディナル)として,ブルガリアでの布教に努めた。891年10月,教皇ステファヌス5世(6世。在位 885~891)の後継者に選出された。西ローマの共同皇帝,グィード2世とランベルト父子と対立し,東フランク王アルヌルフ(在位 887~899)に助力を求めた。896年,西ローマ皇帝としてアルヌルフに戴冠したが,まもなくフォルモススは死去した。死後,政敵による報復として,「死体会議」と呼ばれる教会会議が開かれた。教皇ステファヌス6世(7世。在位 896~897)のもと,フォルモススの遺体を教皇座に置き,形式上の裁判が行なわれた。フォルモススの教皇選挙は無効とされ,遺体はテベレ川へ流された。のちに教皇テオドルス2世(在位 897.12.)とヨハネス9世(在位 898~900)により死体会議は否定され,フォルモススの教皇位は認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android