コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルモスス Formosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルモスス
Formosus

[生]816頃. ローマ?
[没]896.4.4. ローマ
ローマ出身とされる第111代教皇(在位 891~896)。登位前はポルトの司教枢機卿(→カーディナル)として,ブルガリアでの布教に努めた。891年10月,教皇ステファヌス5世(6世。在位 885~891)の後継者に選出された。西ローマの共同皇帝,グィード2世とランベルト父子と対立し,東フランク王アルヌルフ(在位 887~899)に助力を求めた。896年,西ローマ皇帝としてアルヌルフに戴冠したが,まもなくフォルモススは死去した。死後,政敵による報復として,「死体会議」と呼ばれる教会会議が開かれた。教皇ステファヌス6世(7世。在位 896~897)のもと,フォルモススの遺体を教皇座に置き,形式上の裁判が行なわれた。フォルモススの教皇選挙は無効とされ,遺体はテベレ川へ流された。のちに教皇テオドルス2世(在位 897.12.)とヨハネス9世(在位 898~900)により死体会議は否定され,フォルモススの教皇位は認められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フォルモススの関連キーワードステファヌス6世(7世)アルヌルフ[ケルンテン]ベネディクツス4世ボニファチウス6世マリヌス1世ロマヌス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android