フォンテナス(英語表記)Fontainas, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンテナス
Fontainas, André

[生]1865
[没]1948
ベルギーの詩人。フランス語で執筆。代表作,詩集『花々の血』 La Sang des fleurs (1889) ,『たそがれ』 Crépuscules (1897) ,『明るい島の庭』 Le Jardin des îles claires (1901) 。晩年の作品に,『詩人の告白』 Confession d'un poète (1936) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンテナス
ふぉんてなす
Andr Fontainas
(1865―1948)

フランスの詩人。ベルギーのブリュッセルに生まれ、のちフランスに帰化した。1888年からパリに定住。翌年『花々の血』で淡いペシミズムに彩られた楽園と恋を歌った。詩集に『黄昏(たそがれ)』(1897)、『明るい島々の庭』(1901)など。論著に『エドガー・ポー伝』(1919)、『象徴主義回想記』(1929)など。マラルメ主宰の「火曜会」参加者の1人。[遠山博雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる