コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンテナス Fontainas, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンテナス
Fontainas, André

[生]1865
[没]1948
ベルギーの詩人。フランス語で執筆。代表作,詩集『花々の血』 La Sang des fleurs (1889) ,『たそがれ』 Crépuscules (1897) ,『明るい島の庭』 Le Jardin des îles claires (1901) 。晩年の作品に,『詩人の告白』 Confession d'un poète (1936) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンテナス
ふぉんてなす
Andr Fontainas
(1865―1948)

フランスの詩人。ベルギーのブリュッセルに生まれ、のちフランスに帰化した。1888年からパリに定住。翌年『花々の血』で淡いペシミズムに彩られた楽園と恋を歌った。詩集に『黄昏(たそがれ)』(1897)、『明るい島々の庭』(1901)など。論著に『エドガー・ポー伝』(1919)、『象徴主義回想記』(1929)など。マラルメ主宰の「火曜会」参加者の1人。[遠山博雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォンテナスの関連キーワードアンドレ・フェルディナンド エロルド

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android