コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォークソノミー ふぉーくそのみー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フォークソノミー

folk(人々)とtaxonomy(分類学)を組み合わせた造語で、人手によるタグ付けによって検索精度を高めることをいう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォークソノミー(folksonomy)

《folks(人々)+taxonomy(分類)から》インターネット上の各種データやコンテンツの内容を、利用者自らが目印となる短いキーワード(タグ)を付与して分類すること。また、その手法。図書館情報学の分野で図書などの分類に利用される統制語彙と異なり、利用者の自発的、集合的な発案に基づいて行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フォークソノミーの関連キーワードfolksonomy

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android