統制語彙(読み)トウセイゴイ

  • とうせいごい〔ゴヰ〕

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

情報検索において,索引語として利用する語を限定し,その意味範囲や使用方法を規定したもので,統制語ともいう.ただし,本来,「語彙」は語の集合を指し,「語」は個別の語を指すので,それに応じて使い分けることもある.語彙統制の基本的な目的は,語形や表記の変化,同義語の存在で検索漏れが生じないよう,また同形異義語でノイズが生じないようにすることである.典型的な統制語彙としては,シソーラスに基づくディスクリプタがある.また,ディスクリプタが事後結合索引法の統制語彙であるのに対し,件名標目表に基づく件名標目,分類表に基づく分類記号は,事前結合索引法の統制語彙とみなすことができる.このような索引語彙を定めることを語彙統制という.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android