コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

系統分類学 ケイトウブンルイガク

4件 の用語解説(系統分類学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいとう‐ぶんるいがく【系統分類学】

生物進化の観点から生物間の類縁関係を調べ、系統的に分類、体系づける学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいとうぶんるいがく【系統分類学 systematic biology】

現在地球上には200万種を超える生物が生存している。このように多様化した生物が生育しているのは,生物が地球上に発生して以来40億年に及ぶ歴史を通じて進化してきたためである。生物学の研究の目的は生命とは何かを追究することであるが,生命の最も重要な属性の一つに,その歴史性があげられ,歴史性が最も顕著に反映されているのが現生生物の多様性である。そこで,生物を分類することは,生物が40億年の進化の歴史のうちでどのように分化発展してきたかをあとづけることに生物学的な意味がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいとうぶんるいがく【系統分類学】

生物を生物間の類縁関係に従って系統的に分類する学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

系統分類学
けいとうぶんるいがく

生物をそれらの間の類縁関係に従って分類配列して、系統的に体系づける学問。地球上にすむ生物はきわめて多様であるが、それらの形態、発生、生活機能などを吟味すると、互いによく類似したものを含む多数の群に分けることができる。このような群をそれらの間の共通ないし類似性に基づいてより大きな群へ順次まとめていけば、系統的な体系がつくりあげられることになる。
 系統分類学は、現在の生物が進化して生じたものであるとする進化説を基礎に置き、系統発生をよりどころとしているが、実際には過去の軌跡を実験的にたどることは不可能である。そのため、比較形態学、比較発生学、古生物学(化石学)、遺伝学などの成果を取り入れ、さらに生化学、分子生物学などの方法も導入して、より確実な体系へ改めていく必要がある。近年の遺伝学および分子生物学の発展は遺伝子の構成や分子レベルでの比較を可能にし、この意味で重要である。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

系統分類学の関連キーワード系統樹現生人類生痕スレバルナ自然保護区生物多様性現在地有用植物ガイア理論国際生物多様性の日化学合成有機栄養生物

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

系統分類学の関連情報