コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォース湾 フォースわんFirth of Forth

世界大百科事典 第2版の解説

フォースわん【フォース湾 Firth of Forth】

イギリス,スコットランド中部東岸にある北海の湾。フォース川のエスチュアリー(三角江)部であり,フォース川河口のアロアから北海との接点であるメイ島まで東西の長さ約90km,幅は最大30kmに達する。フィヨルドと同じく,氷食・沈水作用によって形成されたが,沿岸には平野や丘陵が卓越し,エジンバラカーコーディなどの都市,メシル,グレーンジマスなどの港湾が発達する。また保養地,ゴルフ場も多い。1890年完成の鉄道用(長さ2528m)と1964年完成の道路用(長さ2504m)の両フォース橋が湾の中央西寄りに架けられ,またフォース・クライド運河(1790完成)によってクライド湾とも連絡する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォース湾
ふぉーすわん
Firth of Forth

イギリス、スコットランド中央部、北海から西方に80キロメートルほど湾入する深い入り江状の湾。南岸にはスコットランドの首都エジンバラがあり、その西郊には1890年に完成した鉄道橋ファース・オブ・フォース橋があり、北岸との交通を短縮した。現在は道路橋も、鉄道橋に並行するものと湾奥部とに架けられた。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォース湾の関連キーワードイーストロージアンウェストロージアンノーサンバーランドアントニヌス長城ミッドロージアンダンファームリンフォールカークフォース鉄道橋フォース[川]カーコルディエディンバラスターリングファウラーハイランドカレドニアカトリン湖ファイフクーパーダンバー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android