コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィヨルド フィヨルド fjord

翻訳|fjord

6件 の用語解説(フィヨルドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィヨルド
フィヨルド
fjord

峡湾ともいう。氷食谷に海水が侵入して生じた入込みの深い湾。氷食谷は横断面がU字形をなしているので,両壁は急崖をなし,海に注ぐ河川は懸谷をつくる。ノルウェーグリーンランドアラスカ南アメリカ南端の海岸にその例が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フィヨルド(fjord)

氷食によってできたU字谷が海面下に沈み、海水が浸入してできた狭くて深い湾。ノルウェー・南アラスカ・チリ・ニュージーランド南島などに発達。峡湾。峡江(きょうこう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フィヨルド

峡湾とも。氷河によってつくられたU字谷に海水が浸入してできる深く湾入した細長い入江。ふつう高さ数百mの切り立った斜面に囲まれ,最深部も数百mに達する。ノルウェー,スコットランド,グリーンランド,アラスカ,ニュージーランド南島などに広く発達。
→関連項目アレクサンダー[諸島]溺れ谷グリーンランドニューファンドランド[島]ノルウェーバフィン[島]ブリティッシュ・コロンビア[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フィヨルド【fjord】

両岸を急峻で高い谷壁にはさまれた,細長く深い湾で,氷食谷が沈水した地形を指す。ノルウェー語に由来し,峡湾ともいう。湾底は湾口部で浅く,湾中部で深く,ときに水深1000m以上に達する。支谷は滝をかけた懸谷hanging valleyや枝分れしたフィヨルドをなす。高緯度の氷食山地が海岸まで迫っている地域,とくにノルウェー,グリーンランド,アラスカ,チリ,ニュージーランド南部などに典型的に発達する。大規模な氷床や氷帽地域の氷河の末端は,海岸に達しても厚さが1000m以上にも及び,海面下まで氷食が行われ深い氷食谷ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フィヨルド【fjord】

陸地深くはいり込んだ狭い湾。氷食谷の沈降したもので、両岸は切り立った絶壁をなす。ノルウェー・チリ・アラスカなどの海岸に見られる。峡湾。峡江。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィヨルド
ふぃよるど
fiord

下流部が沈水して海に覆われた氷食谷をさす。峡湾ともいう。幅に比べて長さが長く、スカンジナビア半島にあるソグネフィヨルドの長さは204キロメートルに及ぶ。両岸は切り立ったU字谷の谷壁からなり、海面から1000メートル以上の崖(がけ)をなすことが多い。しかし、海面の下にはさらに1000メートル以上の凹(くぼ)みがつくられていることが少なくない。高緯度地域で氷河の侵食が活発に行われた山地にみられ、ノルウェー、グリーンランド、アラスカ南部、チリ、ニュージーランド南島などに典型的に発達している。氷期には海面が現在より約100メートル低下していたが、フィヨルドの深さから知られるように、海面が下がってもフィヨルドはまだ海であった。このように深い谷が削られたのは、フィヨルドを埋めた谷氷河の厚さが大きかったからで、2000~3000メートルにも達する厚い谷氷河が、海水を押しのけて前進したために海面下深くまで氷食谷ができたと考えられる。[小野有五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフィヨルドの言及

【スカンジナビア】より


【地理】
 北大西洋ができる前に,スカンジナビア半島はグリーンランド,カナダと連なった広い古大陸塊を構成し,32億~9億年前の岩石からできている。約4億年前には半島の西半に褶曲山脈ができ,約2.5億年前にはオスロフィヨルド沿いに地溝ができ,激しい火山活動が起こってたくさんのカルデラができた。北海油田はこの古い山地塊のまわりの厚い中・新生代層の中に胚胎している。…

【氷河地形】より

…さらに下流では最終氷期に形成された谷底平野が段丘化していることが多い。 フィヨルドは海岸付近で氷期に形成された深い氷食谷に海が侵入して形成されたものである。急傾斜の谷壁に囲まれた湾の深度は2000mにも達するところさえある。…

※「フィヨルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィヨルドの関連キーワード急峻ひょろひょろ細長い鋏虫棚田・谷地田狹間田スカンジナビア山地ラバ蹄 (mule foot)起繋 (straight stumpy pastern, steep stumpy pastern)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィヨルドの関連情報