コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォース橋 フォースきょう

百科事典マイペディアの解説

フォース橋【フォースきょう】

英国,スコットランド中部のフォース湾にかかる鉄道橋。1890年完成。従来の錬鉄に代わり鋼が使われたことで有名。形式はゲルバー・トラス橋,最大支間521m,塔高105m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォースきょう【フォース橋 Forth Bridge】

イギリス,スコットランドのエジンバラ近くのフォース湾に架けられている橋。並行して二つの長大橋があり,いわゆるフォース橋とは1890年に完成した古い鉄道橋のほうをいい,全長2528mのカンチレバー形式鋼トラス橋である。二つの主径間はともに521mで,これは現在でもつり橋を除けば同形式のカナダのケベック橋に次ぐ世界第2の支間長である。トラスの圧縮部材は円形断面鋼管で,もっとも大きいものは直径366cmに及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォース橋
ふぉーすきょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフォース橋の言及

【橋】より

…76年にはアメリカ,オハイオ州で,3年後にはスコットランドで,いずれも悪天候の中,鉄道トラス橋が崩壊して列車が転落し,それぞれ70~80人の人命が失われた。後者のテイ橋Tay Bridgeの教訓は,その直後設計風圧を考慮し設計し直された同じスコットランドのフォース橋(1890)に生かされた。521mの二つの径間をもつこのカンチレバー・トラス橋は,パリのエッフェル塔と並んで,19世紀のヨーロッパを代表する巨大構造物として今も威容を誇っている。…

【フォース湾】より

…また保養地,ゴルフ場も多い。1890年完成の鉄道用(長さ2528m)と1964年完成の道路用(長さ2504m)の両フォース橋が湾の中央西寄りに架けられ,またフォース・クライド運河(1790完成)によってクライド湾とも連絡する。【長谷川 孝治】。…

※「フォース橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォース橋の関連キーワードゲルバー橋橋(はし)イーズ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android