コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フスタート フスタート al-Fusṭāṭ

3件 の用語解説(フスタートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フスタート
フスタート
al-Fusṭāṭ

643年にエジプトを征服したイスラム軍の将アムル・イブヌル・アースによって現在のカイロ付近に建設された軍事基地。その後はエジプトの政治,軍事の中心都市であった。 969年にカイロが建設されてからもしばらくは経済的繁栄が続いたが,マムルーク朝時代に衰退した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フスタート(Fustat)

エジプトの首都カイロの旧市街、オールドカイロの一画にある都市遺跡。7世紀にアラブ軍の将軍アムル=イブン=アル=アースがエジプトを征服し、軍事拠点(ミスル)を置き、現在のカイロ発祥の地となった。10世紀後半には一大商業都市に発展。12世紀にエルサレム王国が侵攻した際、ファーティマ朝自ら都市を焼き払い、以降、廃墟となった。アル‐フスタート。エル‐フスタート。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フスタート【al‐Fusṭāṭ】

アラブの征服者によって642年に初めてエジプトに築かれた,ナイル東岸の軍営都市(ミスル)。現在のカイロの南約3kmに位置し,〈古カイロOld Cairo〉と呼ばれる。969年のファーティマ朝によるカイロ遷都まで,行政,軍事上の中心として繁栄したが,以後は陶器,ガラス,紙,銅などの生産地として,あるいはナイル川河口の港湾商業都市として13世紀まで存続した。マムルーク朝以降は顧みられなくなり廃墟と化していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフスタートの言及

【アムル・ブン・アルアース】より

…633年秋,シリア征服に一部将として参戦した。639年12月,突然エジプトに転戦し,642年にカイロの前身である軍営都市フスタートを建設した。カリフ,ウスマーンに総督を罷免されたが,第1次内乱(656‐661)ではムアーウィヤの右腕として活躍し,ウマイヤ朝の創建に貢献してエジプト総督に復帰した。…

【アレクサンドリア】より

…古代末期からコプト時代にかけては五大司教座の一つとしてローマ,コンスタンティノープル等に次ぐ重要性をキリスト教界に占めた。アレクサンドリア学派【金沢 良樹】 641年アラビア半島からやってきたアムル・ブン・アルアース将軍の率いるイスラム軍は,バビロン城(後のフスタート)に続きアレクサンドリアを攻略,同年11月に降伏条約が結ばれ,翌年9月ビザンティン軍は撤退した。新都フスタート(現,カイロ郊外)が建設され,エジプトの首都になったものの,アレクサンドリアはエジプト第2の町として存在を続け,ギリシア科学の翻訳など学芸・文化のうえで重要な位置をしめた。…

【エジプト】より

…4世紀末テオドシウス帝によるキリスト教国教化はエジプトから古来の神々を根絶し,エジプト人の国民的自覚はコプト教会に受け継がれていった。【屋形 禎亮】
【イスラム時代】
 ビザンティン帝国をヤルムークの戦(636)に破り,シリアを征服したアラブ・イスラム軍は,次いでアムル・ブン・アルアースの指揮の下にエジプトへ侵攻し,641年にはビザンティン帝国のバビロン城を陥れて,翌年ここにフスタートFusṭāṭの町を建設した。この事件は,エジプト史ではファトフ(開くこと,征服)とよばれ,以後,エジプトのイスラム化,アラブ化が始まる。…

【カイロ】より

…また,南東と北東にある広大な墓地(〈死者の町〉とよばれる)に,農村からの流入民や中東戦争の難民が住みついて都市化した部分もある。旧市街には,フスタートにあるカイロ最古のアムルのモスク(642建設)をはじめ,イブン・トゥールーン,スルタン・ハサン,アズハル,ムハンマド・アリーなど数百のモスクが集中しており,観光客向けのスーク(市)やみやげ物製造所と,織物,香料,靴などの問屋街が多く,住民は中下層である。新市街は,1952年のエジプト革命後タハリール(解放)広場と改名されたナイル川に近い広場(もとイスマーイール広場)から,放射状に整然とした街区が展開しており,広場より南東のルーク門のあたりに政府機関が集中し,北東部が繁華街とビジネス・センターになっている。…

【ミスル】より

…アラブ・ムスリムの勢力が,アラビア半島の外へと拡大し各地を征服した時に,征服地の統治の拠点として,またその後の征服活動の基地として軍営都市が建設された。イラクのバスラクーファ,エジプトのフスタート,チュニジアのカイラワーンなどは,新たに建設されたミスルの代表的な例である。またシリアのダマスクスやヒムスでは,既存の都市の一部を,住民を移転させてアラブ軍の駐屯地とした。…

※「フスタート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フスタートの関連キーワードアグラブ朝ウマイヤ朝ジンミーヒバギブ海の征服者最果ての征服者食い初め新大陸征服者《世界征服者の歴史》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フスタートの関連情報