コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタスジチョウ ふたすじちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタスジチョウ

ミスジチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタスジチョウ
ふたすじちょう / 二条蝶
East European sailer
[学]Neptis rivularis

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では北海道と本州に分布し、北海道では各地に普通にみられる。本州では東北地方(岩手県下各地と秋田県の一部)および関東地方北部山地(栃木・群馬県)より新潟・長野・山梨県下の山地にかけて分布は広く、その西限は岐阜県飛騨(ひだ)地方である。国外では朝鮮半島北部からヨーロッパにかけてユーラシア大陸の北部に広く分布する。ミスジチョウの仲間ではもっとも寒冷地に分布する種である。はねの開張50ミリ内外。ミスジチョウの仲間であるが、はねの表の白条は2本で、和名はこの特徴による。年1回の発生、成虫は6~8月に出現する。幼虫の食草はシモツケ類で、植栽されたユキヤナギ、コデマリにもつく。幼虫は三齢で食草の葉を巻いて越冬巣をつくり、その中で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフタスジチョウの言及

【ミスジチョウ(三条蝶)】より

…コミスジは各地にもっともふつう,広くマメ科植物を食べ,老熟幼虫で越冬する。ホシミスジとフタスジチョウN.rivularisは,幼虫の食草はともにシモツケ類で,3齢幼虫が巣をつくって越冬する。南西諸島にはコミスジと近縁のリュウキュウミスジN.hylasが分布するほか,最近は八重山諸島で別属のシロミスジAthyma periusが見られるようになった。…

※「フタスジチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android