コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタスジチョウ ふたすじちょう

2件 の用語解説(フタスジチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタスジチョウ
フタスジチョウ

ミスジチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタスジチョウ
ふたすじちょう / 二条蝶
East European sailer
[学]Neptis rivularis

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では北海道と本州に分布し、北海道では各地に普通にみられる。本州では東北地方(岩手県下各地と秋田県の一部)および関東地方北部山地(栃木・群馬県)より新潟・長野・山梨県下の山地にかけて分布は広く、その西限は岐阜県飛騨(ひだ)地方である。国外では朝鮮半島北部からヨーロッパにかけてユーラシア大陸の北部に広く分布する。ミスジチョウの仲間ではもっとも寒冷地に分布する種である。はねの開張50ミリ内外。ミスジチョウの仲間であるが、はねの表の白条は2本で、和名はこの特徴による。年1回の発生、成虫は6~8月に出現する。幼虫の食草はシモツケ類で、植栽されたユキヤナギ、コデマリにもつく。幼虫は三齢で食草の葉を巻いて越冬巣をつくり、その中で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフタスジチョウの言及

【ミスジチョウ(三条蝶)】より

…コミスジは各地にもっともふつう,広くマメ科植物を食べ,老熟幼虫で越冬する。ホシミスジとフタスジチョウN.rivularisは,幼虫の食草はともにシモツケ類で,3齢幼虫が巣をつくって越冬する。南西諸島にはコミスジと近縁のリュウキュウミスジN.hylasが分布するほか,最近は八重山諸島で別属のシロミスジAthyma periusが見られるようになった。…

※「フタスジチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone