フタロシアニン染料(読み)フタロシアニンせんりょう(英語表記)phthalocyanine dye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタロシアニン染料
フタロシアニンせんりょう
phthalocyanine dye

おもにフタロシアニン銅錯塩の誘導体を原料とする染料。代表的なものにフタロシアニンブルー (銅フタロシアニン) ,フタロシアニングリーン (塩素化銅フタロシアニン) があり,いずれも熱,日光,アルカリ,酸に対して安定。水溶性誘導体は,木綿用直接染料,紙の着色用,筆記インキなどに用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フタロシアニンせんりょう【フタロシアニン染料 phthalocyanine dye】

青色,緑色の染料で,コバルトCoを中心金属としたフタロシアニンである。建染染料,有機顔料として著名な銅フタロシアニンをスルホン化し水溶性とした直接染料,および銅フタロシアニンにスルファミド基-NHSO2を経て長鎖アルキル基を置換した油溶染料などがフタロシアニン染料として有用であり,染料としての性能も高い。【新井 吉衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android