コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油溶染料 ゆようせんりょう

百科事典マイペディアの解説

油溶染料【ゆようせんりょう】

水に溶けないが,ガソリン,油脂,蝋などに溶ける染料。合成樹脂印刷インキボールペンインキ,燃料,セッケン,化粧品などの着色に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆようせんりょう【油溶染料 oil color】

主として有機溶剤,合成樹脂,油脂などの着色に用いられる染料の部属で,一般に単なる溶解現象で有機溶剤や展色剤を着色する点に特徴がある。この部属の染料が溶解するためには,染料のもつ極性が重要であり,分散染料よりさらに非極性であることが必要である。したがってスルホン酸基やカルボン酸基はあってはならず,非極性を与えるためアルキル基がしばしば置換する。分子自体も溶解するためには,あまり大きくてはいけない。このような理由で,モノ・ジスアゾ系,金属錯塩型モノアゾ系,アントラキノン系が多く,フタロシアニン系,トリフェニルメタン系も使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報