コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化染料 りゅうかせんりょうsulfur dye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化染料
りゅうかせんりょう
sulfur dye

合成染料の一種。有機化合物を硫黄と硫化ナトリウムとで加熱,溶融してつくる。水には溶けないが,硫化ナトリウム水溶液で還元するとリウコ化合物となって溶け,繊維によく染まる。これを空気中にさらすと,元の不溶性染料に戻って発色する。製法が簡単で値段も安く,水に溶けないので,水洗,洗濯に耐え,熱湯,日光などにも比較的じょうぶである。木綿物の染料として広く用いられる。色は黒と紺が多いが,ほかに黄,赤,褐,緑などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうか‐せんりょう〔リウクワセンレウ〕【硫化染料】

合成染料の一。水に不溶の色素を硫化ナトリウム還元して水溶性にし、酸化させてもとの色を再現する染料。木綿などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硫化染料【りゅうかせんりょう】

比較的簡単な有機化合物を硫化ナトリウムと溶融してできる染料。分子中に硫黄を含む。黒と紺が多く,染料そのものは水に溶けないが,硫化ナトリウムで還元すると水に溶け,木綿に染まりつく。
→関連項目染料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかせんりょう【硫化染料 sulfur dye】

一般に,比較的簡単な中間物(芳香族のアミン類,フェノール類,ニトロ化合物等)を多硫化ナトリウムNa2Sxと融解してつくられる染料の部属。硫化染料の特色は,製法が簡単であるため安価であるにもかかわらず,染色物は耐光・洗濯堅牢度が高いことである。色は黒,紺のほかに,赤,黄,褐色など種類が多いが,鮮明さは乏しい。実用的には木綿の黒染,紺染として以前はかなり使用されたが,近年生活レベルの向上とともに鮮やかな色が好まれるようになり使用が少なくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうかせんりょう【硫化染料】

アミノフェノールなどの比較的簡単な芳香族化合物を硫化ナトリウムまたは硫黄と溶融して得る染料の総称。染色の際には、硫化ナトリウムによって還元して水溶性にし、木綿などの繊維に付着させたのち、空気または酸化剤によって、もとの水に不溶な染料を再成する。安価で比較的堅牢であるが、鮮明さには乏しい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫化染料
りゅうかせんりょう
sulfur dyes

4‐アミノフェノールのような比較的簡単な構造の有機化合物を硫黄(いおう)あるいは多硫化ナトリウムと加熱して得られる染料。硫化ナトリウムにより水溶性のロイコ体となり、セルロース繊維を直接に染色できるので、この名がある。1893年にビダルE. Vidahlが初めて合成し実用化した。単一な組成でなく、加硫の条件によって組成が異なる混合物である。色調は黄~茶褐色、青緑、黒などの系統であるが、概してくすんでいる。
 硫化染料は日光、洗濯などに対する堅牢(けんろう)度は一般に良好であるが、摩擦や塩素に弱い。また、黒色染色物では、保存中に遊離した硫酸による繊維の脆化(ぜいか)がおこるなどの欠点があるが、安価で製造も容易であるので、もっとも大量に生産された染料である。しかし、合成繊維の進出や染色性が不十分であること、排水処理の関連から使用量は減少している。なお、青色系染料であるヒドロンブルーなどでは、硫化ナトリウムのみでは完全にロイコ体に還元されないので、ハイドロサルファイトの使用が必要である。このような染料を硫化バット染料という。また分散染料型のものや、水溶性にしたもの、複雑な反応の加硫を経ず単一成分を純粋に合成したものなど種々の改良が試みられている。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例