コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトミゾエビ フトミゾエビ Melicertus latisulcatus; western king prawn

2件 の用語解説(フトミゾエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトミゾエビ
フトミゾエビ
Melicertus latisulcatus; western king prawn

軟甲綱十脚目クルマエビ科。体長約 18cm。体は淡黄色で,淡褐色斑が散在する。その色からシンチュウエビと呼ぶこともある。額角は水平で,上縁に 9~12棘,下縁に 1棘をもつ。頭胸甲背面の 3本の縦溝のうち側溝が深く,甲の後縁付近まで達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フトミゾエビ
ふとみぞえび / 太溝蝦
western king prawn
[学]Penaeus latisulcatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。食用エビで、体長18センチメートルに達する。一様に淡黄色であるためシンチュウエビの呼び名もある。相模(さがみ)湾から遠く東アフリカ、紅海まで広く分布し、現在ではスエズ運河を経て地中海東部に広まっている。日本ではクルマエビと混獲されるが、あまり多くない。額角(がっかく)は水平で、上縁に9~12歯、下縁に1歯ある。額角の側溝は額角後隆起と同じ幅で深い。尾節の側縁には3対の小さな棘(とげ)がある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フトミゾエビの関連キーワードクルマエビ沼海老赤蝦藜海老熊海老車蝦芝海老バナメイ海老インドエビバナナエビ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone