コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津塗 あいづぬり

6件 の用語解説(会津塗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会津塗
あいづぬり

福島県会津若松市で生産される漆器の総称。この地方では室町時代中期から椀や盆など日用の漆器が生産されていたが,天正 18 (1590) 年蒲生氏郷 (がもううじさと) が会津に移封された際,近江より木地師,塗師を移住させて,この産業を奨励したため,質量ともに飛躍的に発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あいづ‐ぬり〔あひづ‐〕【会津塗】

会津地方で作られる漆器の総称。天正年間(1573~1592)より興り、古くは漆絵による会津盆、現代では消し粉(ふん)蒔絵(まきえ)の日用品を多く産する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

会津塗【あいづぬり】

会津若松市で作る漆器の総称。ぜん,盆,わん等のほか,輸出向けのカクテルセット等種類は多い。1590年近江から移った蒲生氏郷が漆器業を奨励してから著しく発展。花塗,消粉蒔(まき)絵が主で,とくに後者は会津独特のもの。
→関連項目喜多方[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいづぬり【会津塗】

福島県の会津若松地方でつくられる漆器。歴史は古く,すでに桃山時代以前より会津藩主蘆名氏のもとで行われていたと伝えられる。1590年(天正18)蒲生氏郷が近江から会津に移封され,故国近江から木地師(木地屋),塗師を呼び寄せ,日野椀の製法の導入など,漆器産業の基を築いたという。その後藩主は上杉,加藤,保科氏と交代したが,いずれも漆栽培の奨励,漆器産業の保護・育成に力を尽くし,江戸時代にすでに産業としての体制を確立し,全国的にも知られていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいづぬり【会津塗】

会津で製作される漆器。日用雑器を主とし、朱漆の杯と消粉蒔絵けしふんまきえを特色とする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会津塗
あいづぬり

福島県会津若松市特産の漆器。そのおこりは古く、とくに宝徳(ほうとく)年間(1449~1452)蘆名(あしな)氏11代盛信がウルシの木の栽培を奨励したことや、13代盛高がろくろ木地挽(きじひ)きに赤や黒の漆を塗った椀(わん)、盆、鉢などをつくらせた記録より知られる。文明(ぶんめい)年間(1469~1487)成立の『桧原(ひはら)軍物語』に磐梯山麓(ばんだいさんろく)の桧原に70余軒の木地挽きがいたという裏づけがある。1590年(天正18)蒲生氏郷(がもううじさと)が領主となり、故郷の近江(おうみ)国(滋賀県)から木地師や塗師(ぬし)を多数移住させ、塗大屋敷とよぶ伝習所で漆器の産業化を図ったが、その製品は実用品がおもなものであった。加藤氏時代の1627年(寛永4)に海東五兵衛が会津絵とよぶ加飾をした秀衡椀(ひでひらわん)系統の素朴な製品をつくった。松平氏のもとでは、寛政(かんせい)年間(1789~1801)に家老田中玄宰によって京都から金粉、金箔(きんぱく)や漆塗、消粉蒔絵(まきえ)の工人を招き、藩自ら漆器製作の技術指導にあたり、かつ享和(きょうわ)年間(1801~1804)に長崎で会津漆器の輸出を行った。現在は日本有数の主として食器、家具の漆器産地で、1976年(昭和51)に「伝統的工芸品」の指定を受けた。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会津塗の関連情報