コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支え ササエ

デジタル大辞泉の解説

ささえ〔ささへ〕【支え】

ささえること。また、ささえるもの。「若木に支えをする」「心の支え
支え口」の略。
入道が女房の―によって心がはりを致せしとて」〈浄・伊豆日記〉

つかえ〔つかへ〕【支え/×閊え】

都合の悪い事情。さしさわり。支障。
「店に―さえなくば巳之の相手多吉も入れて遣ろ」〈緑雨・門三味線〉
(「痞え」とも書く)
㋐病気・心配などで胸がつまるような感じ。「胸の―がおりる」
㋑癪(しゃく)。
「簾のうちにありて―になやめる上﨟の如し」〈逍遥小説神髄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ささえ【支え】

ささえること。また、そのもの。 「塀に-をする」 「一家の-となって働く」 「心の-」
「ささえぐち」の略。 「物ごとに-を言はず暮らされける故ゆえ/浮世草子・姑気質」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

支えの関連キーワードがん支えあいの日持ち放し・持放しバットレスダムパックストーン釣り塀・釣塀添え竹・添竹心が折れる腕立て伏せ突っ支い棒家族の日高架鉄道依託射撃倒立振子浮世草子高い高い三点倒立野垂木控え柱貧乏線担鰭骨

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支えの関連情報