コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトミミズ(英語表記)Megascolecidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトミミズ
Megascolecidae

環形動物門貧毛綱後生殖門目フトミミズ科に属する種類の総称。一般に大型あるいは巨大な陸生のミミズ類を含む。アジア,オーストラリアがその分布の主要地域で,日本にも多くの種が生息している。なかでも Pheretima属には最も多くの種が含まれ,フツウミミズ (体長 25cm) をはじめとして日本に約 150種がすんでいる。このほか,南アメリカ原産で発光するヒカリミミズ Microscolex phosphoreus,体長 1.2~2mにもなるオーストラリアの Megascolides australisも本科に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フトミミズ
ふとみみず / 太蚯蚓

環形動物門貧毛綱フトミミズ科のミミズの総称であるが、狭義にはフトミミズ属のミミズの総称。
 フトミミズ科Megascolecidaeにはアカントドリルス亜科Acanthodrilinae(ホタルミミズなど)、オクネロドリルス亜科Ocnerodrilinae(オクネロドリルス・オキデンタリスとよばれる種が日本にいる)、オクトケータス亜科Octo chatinae(フタツイミミズの仲間である)、それに多数のフトミミズが属するフトミミズ亜科Megascolecinaeなどのグループが含まれる。日本産で学名のついているものだけで約80種ある。
 フトミミズ属Pheretimaにはフツウミミズ、ヒトツモンミミズ、クソミミズなどが含まれ、学名をもつものだけで約70種があり、未記載の種を加えると200種を超える。最近、イギリスのイーストンは日本のフトミミズ類をアミンサス属Amynthas、メタフィレ属Metaphire、フェレチマ属Pheretima、ピゼメラ属Pithemera、ポリフェレチマ属Polypheretimaの5属に分割した。しかし、種の同定に誤りが多く、この扱いをそのまま認めることはできない。[大野正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android