コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライアー Freyer, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライアー
Freyer, Hans

[生]1887.7.31. ライプチヒ
[没]1969.1.18. ウィースバーデン
ドイツの社会学者。ライプチヒ大学を卒業後,1922年以降キール大学やライプチヒ大学で教鞭をとった。形式社会学を痛烈に批判し,社会学は観照的な「ロゴス科学」であることを脱して,状況に対して意欲的な「エートス科学」たるべきことを提唱。社会を現実的,歴史的,実践的なものとしてとらえ,30年に『現実科学としての社会学』 Soziologie als Wirklichkeitswissenschaftを著わした。彼の歴史主義はナチズムの原理と結びつき,ナチスに迎合して国家社会主義を支持した。第2次世界大戦後,学界に復帰して文化哲学を説いたが,晩年は不遇であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

フライアー

生年月日:1887年7月31日
ドイツの社会学者
1969年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

フライアーの関連キーワードシルヴィア アヴァッローネリチャード ボニングジョージ ブルニーズポール メアーズストレーガ賞宮内大臣一座文化社会学心理学主義関口喜一郎バーベッジバセドー病国王一座ヘミング生年月日ハート

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フライアーの関連情報