コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラウエン教会 フラウエンキョウカイ

2件 の用語解説(フラウエン教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フラウエン‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【フラウエン教会】

Frauenkirche》聖母教会。聖母マリアにささげられたドイツ各地の教会。
ドイツ南部、バイエルン州の州都、ミュンヘン旧市街の中心部にある後期ゴシック様式の教会。円蓋をもつ2本の塔があり、それぞれ100メートル、99メートルの高さがある。教会内にはウィッテルスバッハ家の地下霊廟がある。
ドイツ東部、ザクセン州の州都、ドレスデンの旧市街にあるバロック様式の教会。1726年から1743年にかけて、建築家ゲオルク=ベアにより建造。第二次大戦で破壊されたが、東西ドイツ統一後に再建工事が始まり、2005年に破壊前の姿になった。
ドイツ中南部、バイエルン州の都市、ニュルンベルクにあるゴシック様式の教会。14世紀半ば、神聖ローマ皇帝カール4世により、ユダヤ人居住区の跡地に建造。ドイツの彫刻家、ファイトシュトスアダムクラフトによるレリーフや墓碑がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

フラウエンきょうかい【フラウエン教会】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の南180km、ドレスデン(Dresden)のレジデンツ宮殿の東にある、バロック様式のプロテスタント教会。◇日本では「聖母教会」と翻訳されている。ドイツのバロック建築の傑作、また、中央ドーム石造建築物の傑作といわれている。1726~1743年にかけて、建築家ゲオルゲ・ベアのもとで建設が進められ、壮大な石組みの釣鐘型のドームが完成した。以来200年にわたってエルベ川流域のシンボルとなってきたが、1945年2月の連合軍の爆撃によりドームは倒壊し、瓦礫(がれき)の山と化してしまった。その後50年以上瓦礫のまま放置されてきたが、1994年に再建が始まり、その瓦礫を元に戻して復元するという方法で作業が進められた。この復元は「世界最大のパズル」と形容されたが、2005年10月に再建が終了した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラウエン教会の関連キーワード勝利の聖母教会聖母マリア教会ティーン教会ティーン聖母教会トルサット聖母教会ピラール聖母教会聖母ケラ教会クラクフ聖母教会聖母教会憲章マーストリヒト聖母教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラウエン教会の関連情報