フラスカティ(英語表記)Frascati

翻訳|Frascati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラスカティ
Frascati

イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県にある保養地。ローマの南東約 21km,アルバノ丘陵(322m)に位置する。アルバノ火山群の北西斜面は,古代ローマ時代から別荘地として利用され,中世には教皇領であった。別荘のなかでは 1598~1603年建設のビラ・アルドブランディーニの宮殿とニンフ像が有名。ほかに 16世紀建設のモンドラゴーネ,ファルコニエリ,17世紀のトルロニアなどの著名な別荘がある。周辺の農村では,肥沃な火山灰質土壌を利用してブドウ栽培が盛んで,フラスカティ・ワインの銘柄で知られる。人口 2万350(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラスカティ【Frascati】

イタリア中部,ラチオ州の都市。ローマ南東のアルバノ山地に散在する〈カステリ・ロマーニ地方〉の一つ。人口2万0065(1990)。ローマ時代から別荘地として知られ,白ブドウ酒〈フラスカティ〉は有名。ローマ帝政期の別荘地跡に集落が形成され,1191年,破壊されたトゥスクルムの住民が移住して拡大。13世紀に司教領となる。16世紀にはローマ貴族の夏の別荘が建てられた。【望月 一史】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android