フランク ゲーリー(英語表記)Frank O. Gehry

20世紀西洋人名事典の解説

フランク ゲーリー
Frank O. Gehry


1929 -
米国の建築家
トロント(カナダ)生まれ。
1947年米国カリフォルニアに移住。’54年大学卒業後ビクター・グーエン事務所に入る。ハーバード大学都市計画を学び、兵役についた後’62年サンタモニカにフランク・O.ゲーリー・アソシエイツを開設。主な作品は「テンポラリー・コンテンポラリー」「自邸」「フィッシュ・ダンス」「ロヨラ法科大学」「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」。’89年プリッツカー建築賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

フランク ゲーリー
Frank Owen Gehry


国籍
米国

専門
建築家

生年月日
1929/2/29

出生地
カナダ・トロント

学歴
南カリフォルニア大学芸術学部建築学科卒;ハーバード大学デザイン大学院

経歴
1947年米国・カリフォルニアに移住。’53年ビクター・グーエン事務所に入所。ハーバード大学で都市計画を学び、ついで兵役につき、いくつかの事務所を経て、’62年カリフォルニア州サンタニモカにフランク・O・ゲーリー・アソシエイツを開設して独立。主な作品に「テンポラリー・コンテンポラリー・ミュージアム(ロサンゼルス現代美術館)」「自邸」「カリフォルニア航空宇宙博物館・劇場」「フィッシュ・ダンス」(日本・神戸市)「ロヨラ法科大学」「ノートン邸」「ウィントン邸」「ビトラ美術館」「パリのアメリカン・センター」「グッゲンハイム美術館ビルバオ分館」「エクスペリエンス・ミュージック・プロジェクト」(シアトル)「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」などがある。著書に「ゲーリーは語る」がある。2006年、ゲーリーの人となりや仕事ぶりを追ったシドニー・ポラック監督のドキュメンタリー「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」が上映される。

受賞
プリツカー賞(第12回)〔1989年〕;ウォルフ建築賞〔1992年〕;世界文化賞(第4回)〔1992年〕;米国建築家協会金メダル〔1999年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android