コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランケンシュタイン Franckenstein, Georg Arbogast, Freiherr von und zu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランケンシュタイン
Franckenstein, Georg Arbogast, Freiherr von und zu

[生]1825.7.2. ウュルツブルク
[没]1890.1.22. ベルリン
ドイツの政治家。 1847年以来バイエルンの上院議員として反プロシア的立場をとったが,ドイツ統一後,72年には帝国議会議員となり,中央党のリーダーとして活躍。財政通として重んじられ,79年にビスマルク保護関税の導入と増税を提案したとき,関税およびたばこ税による帝国収入のうち,1億 3000万マルクを超過する部分を人口割で各邦に分配するという「フランケンシュタイン条項」を示し,これがいれられた。また社会立法にも強い影響力を及ぼした。

フランケンシュタイン
Frankenstein

映画や大衆文学に現れた最も著名な怪物の一つで,死体から造られた人造人間イギリス女流作家 M.シェリーの,ゴシック小説SFの混合ともいうべき同名の小説 (1818) において創造された。スイスのオカルト研究家フランケンシュタインが巨人を造り出し,結局は自分の醜さに絶望した巨人によって殺される物語だが,のちには怪物がそう呼ばれるようになった。 1931年のボリス・カーロフ主演の映画以来,たびたび映画化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フランケンシュタイン

《原題Frankenstein, or the Modern Prometheus》詩人シェリーの夫人メアリの長編怪奇小説。1818年刊。青年科学者フランケンシュタインによって造られた人造人間が、その醜悪な外見のために人間社会から受け入れられず、殺戮(さつりく)を繰り広げたすえ、いずこへか去る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

フランケンシュタイン

アメリカのロック・バンド、エドガー・ウィンター・グループの曲。1972年に発表し、全米第1位を記録したインストゥルメンタル・ナンバー。原題《Frankenstein》。

フランケンシュタイン

1994年製作のイギリス・アメリカ合作映画。原題《Frankenstein》。メアリー・シェリーの同名小説を映画化したゴシック・ホラー。監督:ケネス・ブラナー、出演:ロバート・デ・ニーロ、ケネス・ブラナー、トム・ハルス、ヘレナ・ボナム・カーターほか。

フランケンシュタイン

1931年製作のアメリカ映画。原題《Frankenstein》。メアリー・シェリーの同名小説を映画化したSFホラーの古典。監督:ジェームズ・ホエール、出演:ボリス・カーロフ、コリン・クライブ、メイ・クラークほか。1935年に続編『フランケンシュタインの花嫁』が作られた。

フランケンシュタイン

東宝特撮映画『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)に登場する人造人間。第二次世界大戦末期にドイツで生み出された不死身の心臓から誕生した。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランケンシュタイン【Frankenstein】

本来は,M.W.シェリー原作の《フランケンシュタイン,あるいは現代のプロメテウス》(1818)に登場する科学者ビクトル・フランケンシュタイン男爵の姓。今日ではもっぱら怪奇映画のスクリーンを通じて,同男爵が死体から造った〈怪物〉の通称ともされている。映画の〈怪物〉は,その醜貌にもかかわらず〈正常〉の人間以上にヒューマンで無垢な,一種の〈高貴な野蛮人〉として造形された。フランケンシュタイン映画は1908年に最初の作品が現れ,30年代のユニバーサル映画製作によるボリス・カーロフ主演の一連の作品によって不滅のものとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フランケンシュタイン【Frankenstein】

シェリー夫人メアリ作の小説。1818年刊。青年科学者フランケンシュタインによって造られた醜悪な外見と純粋な魂をもつ怪物が人間社会から疎外される様を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフランケンシュタインの言及

【SF】より


[歴史と現状]
 世界最古の物語《ギルガメシュ叙事詩》以来,今日的にみればSFと呼べるような作品はつねに書かれてきたが,現代SFの諸要素がある種の小説に集結するのは,19世紀になって科学技術による進歩の概念が生まれてからである。M.シェリーの《フランケンシュタイン》(1818)は,当時流行していたゴシック・ロマンスとして書かれた作品で,今でいえば恐怖小説にあたるものだが,明らかに現代文明への予兆をとらえており,人造人間の製造と,それによって変化する人間観がテーマとなっている。いわば前述の(1)~(3)のすべての要素をもった最初の傑作SFと呼んでよいものである。…

【怪奇映画】より

…ミシェル・ラクロの分類によれば,幽霊,ゾンビ(歩く死骸),吸血鬼,狼男,シレーヌ(人魚),神と悪魔,天国と地獄,透明人間,霊媒,復活,死後に他の肉体に宿る魂,二重人格,透視力,幻覚,夢遊状態,ゴーレム(生命を吹きこまれた土人形)等々を扱った映画が含まれる。
[怪奇映画の源流]
 怪奇映画のもっとも古いテーマは,《フランケンシュタイン》と《ジキル博士とハイド氏》の二つの文芸作品から生まれ,いずれも1908年に映画化されているが,映画史的には,怪奇映画の源流は,第1次世界大戦直後に始まる〈ドイツ表現主義映画〉(表現主義)に発するというのが定説である。ロベルト・ウィーネ監督の《カリガリ博士》(1919)がその典型で,〈怪奇映画の真の青写真〉と呼ばれ,〈狂人博士―怪物―襲われる美女〉のパターンをつくった映画ともいわれている。…

【怪物】より

…それに代わって,ビュフォンやジョフロア・サン・ティレールらは医学的見地から奇形問題と品種改良に強い関心を寄せ,新しい怪物概念をそこに見いだした。たとえばルソーは人工改良された花や家畜を怪物と呼び,ディドロは《ダランベールの夢》(1769)で,M.シェリーは《フランケンシュタイン》(1818)で,おのおの人工的に作られる生物に怪物のイメージを与えている。他方,奇形問題では二重体児を1人とするか2人とするかなど,洗礼や法律問題までが,奇形の人権にからめて討議されだし,見世物のために幼児を箱や陶器に何年も押しこめて人工的に奇形を作るといった非人道的な行為も批判の対象になった。…

【シェリー】より

…しかし父のもとに出入りする多くの学者や作家から知的刺激を受け,後年夫となるシェリーとの出会いもそうした環境から生まれた。二人の結婚は彼の前妻を自殺に追いやるという悲劇を土台に6年でついえたが,夫から得た文学上の影響は大きく,21歳のとき完成させた処女作《フランケンシュタイン》(1818)も彼の示唆と指導の下に書かれたという。この作品は,夫やバイロンらロマン派詩人が社会から疎外される姿を人造怪物の悲劇に託して語り,悪疫で世界が滅びる黙示録的未来を扱った《最後の人》(1826)とともに,恐怖小説ならびにSFの先駆とされる。…

【ロボット】より

… これらの動向を背景に19世紀に入ると,文芸の方面でE.T.A.ホフマンの《砂男》(1816)に機械の舞姫オリンピアが登場する。また,M.シェリーの《フランケンシュタイン》(1818)の怪物は,人間や動物の死体の不細工な寄集めだが,この作品は,擬似科学的な書きぶりと,人間のつくったものが人間に反逆するというSFの基本テーマをふまえている点で,正統的なロボット文芸の始祖と目される。前出の《R.U.R.》のテーマはその延長線上にある。…

※「フランケンシュタイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フランケンシュタインの関連キーワードフランケンシュタイン(Georg von und zu Franckenstein)シェリー(Mary Wollstonecraft Shelley)アルトマン(Hans Carl Artmann)ペニー・ドレッドフル ナイトメア 血塗られた秘密フランケンシュタイン(シェリー夫人の小説)フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラフランケンシュタイン 恐怖の生体実験フランケンシュタイン 死美人の復讐フランケンシュタインと地獄の怪物ヤング・フランケンシュタインハンス・カール アルトマンフランケンシュタインの復讐フランケンシュタインの怒りフランケンシュタインの逆襲エドワード・D. ホック『フランケンシュタイン』エルザ ランチェスターマッドサイエンティストスティーヴン アトリークリストファー リー

フランケンシュタインの関連情報