コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチアビジオ Franciabigio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランチアビジオ
Franciabigio

[生]1482
[没]1525.1.24. フィレンツェ
イタリア盛期ルネサンスの画家。本名 Francesco di Cristofano Bigi。フランチェスコ・ジュディニともいう。おそらくフィレンツェで生れ,初め M.アルベルティネリに学び,サルトの影響を受けた。初めは生硬な作風を示したが,ラファエロ風の典雅な洗練された作風から,晩年には明暗の対比の強いマニエリスムの様式に移った。サルトのライバルとしておもにフィレンツェで活躍し,バザーリやポントルモとメディチ家の別荘の装飾にも参加した。作品は『聖母子と聖ヨハネ』 (ウィーン美術史美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランチアビジオ
ふらんちあびじお
Franciabigio
(1482ころ―1525)

イタリアの画家。フィレンツェ生まれ。本名フランチェスコ・ディ・クリストファノ・ビージ。アルベルティネッリとピエロ・ディ・コジモのもとで画業を学び、サンティッシマ・アヌンツィアータ聖堂の修道院でアンドレア・デル・サルトとともに壁画の制作に携わる。16世紀初頭のフィレンツェで隆盛をみた、レオナルド・ダ・ビンチやラファエッロの影響による盛期ルネサンスの古典主義的画家の1人で、才能豊かとはいいがたいが、叙情味のある作品を残した。代表作にはキオストロ・デッロ・スカルツィの『最後の晩餐(ばんさん)』やポッジョ・ア・カイアーノのメディチ家別荘の広間の壁画などがある。そのほか聖母子画や肖像画にも佳作が少なくない。[石鍋真澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フランチアビジオの関連キーワードサルト(イタリアルネサンス期の画家)フランチャビージョ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android