コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランツ・ヨシフ[諸島] Zemlya Frantsa‐Iosifa

世界大百科事典 第2版の解説

フランツ・ヨシフ[諸島]【Zemlya Frantsa‐Iosifa】

ロシア連邦北西部,北極海の一部であるバレンツ海に浮かぶ諸島。アルハンゲリスク州に属する。約190の島からなり,総面積1万6100km2。最高点は標高620mの雪原。大きな島は東部のビリチェク島(2000km2),西部のゲオルク島(2741km2)など。かつて巨大な玄武岩台地の島が形成されたが,浸食されて多数の島になったと考えられる。島々の標高も350~500m程度でそろっている。表面は,総面積の85%までが氷河や雪原で,その他も裸地が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランツ・ヨシフ[諸島]の関連キーワードフランツ・ヨーゼフ[1世]スバールバル[諸島]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android