コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッキョクギツネ Alopex lagopus; arctic fox; polar fox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッキョクギツネ
Alopex lagopus; arctic fox; polar fox

食肉目イヌ科。小型のキツネ体長 50~70cm,尾長 30cm,体重3~8kg。頭部,鼻,耳などが丸く,ずんぐりした体形で,ふさふさした毛をもつ。毛色は,夏は灰褐色ないし黒褐色で,冬には純白になる。北極圏ツンドラ地帯にすみ,土中に長い巣穴をつくる。冬眠せず,寒さには非常に強い。小動物を捕食するほか,果実,海草など植物質も食べる。アラスカカナダグリーンランド,ロシア,千島列島北部などに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッキョクギツネ
ほっきょくぎつね / 北極狐
Arctic fox
[学]Vulpes lagopus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。同科キツネ属に含まれ、北極周辺のツンドラ地帯に生息するが、ほかのキツネ類より耳介が短くて先が丸く、明るいときにも瞳孔(どうこう)が針状に変わらないなどの違いがあるため、しばしばホッキョクギツネ属Alopexという別属とされ、学名もA. lagopusとされる。頭胴長46~68センチメートル、尾長26~43センチメートル。単独または3頭以下の家族群で暮らし、海岸に打ち上げられた動物の死体やホッキョクグマの食べ残し、トナカイの糞(ふん)などをあさるほか、海岸の無脊椎(むせきつい)動物、海鳥、ライチョウ、レミングを捕食し、漿果(しょうか)そのほかの果実も食べる。夏毛は短く灰黒褐色と灰色の斑(はん)であるが、冬毛は厚く、純白に変わる型(毛皮業者はシロギツネとよぶ)と、淡青灰色または灰黒色に変わる型(アオギツネ)がある。これらの色相は同じ親から生まれる。アオギツネの毛皮はシロギツネより喜ばれるため猟師にねらわれ、そのためアラスカ、カナダ、ユーラシアではまれになった。しかしプリビロフ諸島ではアオギツネが多く、シロギツネはまれである。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホッキョクギツネの関連キーワードチャールズ・S. エルトンセーベルナヤゼムリャーノボシビルスキー諸島スピッツベルゲン島ノーバヤゼムリャーフランツヨシフ諸島プリビロフ[諸島]カムチャツカ半島コテリヌイ島コルグエフ島コミ共和国シロギツネマルタ遺跡アオギツネロシア連邦今泉吉典極地動物エルトン北極区毛皮獣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホッキョクギツネの関連情報